タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ミクロ・マクロ経済学入門  
担当教員   岡部 美砂  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  1年次  
科目名(英語表記) Introduction to Micro & Macro Economics  
授業の概要・ねらい 経済学とは、複雑な人間社会を客観的にとらえて解明しようとする学問です。経済学を学ぶということは、経済社会で起こる様々な問題を考えるための冷静な判断力をつけることですが、その基礎力としての「経済学的なものの見方」を身に付けることが不可欠です。本講義は、これから経済学部で専門科目を学ぼうとする1年生を対象に、「経済学的なものの見方」の基本を身に付け、経済学の柱となるミクロ経済学とマクロ経済学の基礎知識を習得することを目的としています。経済学の土台である、ミクロ経済学およびマクロ経済学の分野ごとの代表的なトピックスを紹介し、その基礎的な考え方を紹介します。抽象的な理論や数式は用いず、現実の身近な経済問題と関連付けながら、経済学の考え方を学んでいきます。さらに後半には、経済学がどのように社会に活用されているのか、最新の応用分野を紹介していきます。経済学がいかに現代社会において重要な役割を果たし、次々と生まれる課題に対応しているのかを知ってもらいたいと思います。本講義を通じて、ミクロ経済学およびマクロ経済学のエッセンスを、そしてなにより経済学の面白さを知ってもらいたいと考えます。  
授業計画
内容
1イントロダクション:経済学とは何か?
2経済学の原理:経済学の考え方
3ミクロ経済学の基本概念:需要と供給1
4ミクロ経済学の基本概念:需要と供給2
5ミクロ経済学の基本概念:価格決定のメカニズム1
6ミクロ経済学の基本概念:価格決定のメカニズム2
7ミクロ経済学の基本概念:市場の効率性
8ミクロ経済学の基本概念:市場の失敗
9マクロ経済学の基本概念:GDPとは何か
10マクロ経済学の基本概念:貨幣と金融システム
11マクロ経済学の基本概念:財政政策と金融政策
12マクロ経済学の基本概念:インフレ・デフレと失業
13マクロ経済学の基本概念:財政問題と少子高齢化
14ミクロ・マクロ経済学の応用:グローバル化する世界と経済学
15ひろがる経済学の世界:経済データはどう活用されるのか?
 
到達目標 経済学の基本的な考え方を理解し、俗説に惑わされることなく客観的に経済社会を見るために必要な基礎力とは何かを理解する。  
成績評価の方法 期末試験(70%)、レポートおよび小テスト(30%)で評価する。  
教科書 伊藤元重著『入門経済学(第4版)』日本評論社、2015年  
参考書・参考文献 N・グレゴリー・マンキュー著『マンキュー入門経済学[第2版]』東洋経済新報社、2014年、など講義中に適宜指示します。  
履修上の注意 ・メッセージ 講義は段階的に進みますので必ず毎回出席すること。また、途中で理解できないところがあれば必ず質問に来て解決しておくようにしてください。  
履修する上で必要な事項 必修科目です。必ず毎回出席するようにしてください。  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 教科書および配布・指示した資料は必ず熟読して予習を行ってください。また、宿題や小テストのためにも十分な学習時間が必要です。分からないことがあれば講義中や講義終了後、またオフィスアワーを活用して質問してください。また、上回生アドバイザーも講義中および学習支援室で待機していますので積極的に活用してください。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.