タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   マクロ経済学Ⅱ  
担当教員   荒井 信幸  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   水2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Macroeconomics Ⅱ  
授業の概要・ねらい 経済成長論を中心にマクロ経済学の発展的な体系を学びます。授業はできるだけ教科書に沿って進めていきます。  
授業計画
内容
1イントロダクション
2マクロ経済学の計測
3経済成長の概観
4生産のモデル(1)
5生産のモデル(2)
6ソロー・モデル(1)
7ソロー・モデル(2)
8理解度の確認(中間試験)
9アイディアと経済成長(1)
10アイディアの経済成長(2)
11労働市場・賃金および失業
12インフレーションの長期分析
13政府とマクロ経済
14国際貿易
15為替レートと国際金融
 
到達目標 長期的な観点から、経済成長の決定要因を理論的・実証的に理解するとともに、労働、インフレ、政府、国際貿易、為替、国際金融変動の基本的なメカニズムを理解できるようになる。  
成績評価の方法 中間試験(40%)・期末試験(60%)。試験は持ち込み不可。    
教科書 チャールズ I. ジョーンズ(2011)『マクロ経済学(第Ⅰ巻)』(東洋経済新報社)    
参考書・参考文献 チャールズ I. ジョーンズ(2011)『マクロ経済学(第Ⅱ巻)』(東洋経済新報社)    
履修上の注意 ・メッセージ 第1回目の授業で詳しいシラバスを配布し、授業の進め方について重要な説明をしますので、受講に関心のある方は、必ず出席して下さい。    
履修する上で必要な事項 マクロ経済学Ⅰを受講済であること。2・3年生での受講を強く推奨します。  
受講を推奨する関連科目 現代日本経済論も受講することで、現実の経済についての理解が深まります。  
授業時間外学修についての指示 第1回目の授業で配布するシラバスに教科書や参考文献の関連部分を指定します。教科書は必ず入手し、講義に先立って指定された部分を、必ず予習してください。毎回の練習問題を必ず解いてきて下さい。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.