タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   銀行論Ⅱ  
担当教員   片桐 謙  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   月1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Banking Ⅱ  
授業の概要・ねらい まず「銀行論Ⅰ」で学んだ銀行の役割・機能を踏まえて、銀行の主要業務を学ぶ。その後、主に日本を対象に80年代のバブルから現代にいたる銀行行動を学ぶ。更に現代の銀行を取り巻く状況とそれへの対応を学ぶ。  
授業計画
内容
1預金業務
2貸出業務1
3貸出業務2
4消費者の銀行取引
5銀行の決済業務1
6銀行の決済業務2
7証券業務1
8証券業務2
9国際業務1
10国際業務2
11銀行に対する規制・監督1
12銀行に対する規制・監督2
13銀行に対する規制・監督3
14銀行経営1
15銀行経営2
 
到達目標 現代の銀行に関する新聞記事を理解できるようになること。  
成績評価の方法 「持ち込み全て不可」の定期試験による。  
教科書 なし。講義中にダウンロードすべき文献を教える。  
参考書・参考文献 講義中にダウンロードすべき文献を教える。  
履修上の注意 ・メッセージ 「マネーの経済学」と「銀行論Ⅰ」の両方を履修し単位を取得していなければ、理解も単位取得も不可能である。  
履修する上で必要な事項 「マネーの経済学」と「銀行論Ⅱ」の両方を履修し単位を取得していなければ、理解も単位取得も不可能である。  
受講を推奨する関連科目 「マネーの経済学」、「銀行論Ⅰ」  
授業時間外学修についての指示 講義に毎回出席し勉強することは当然のこと、その他に予習と復習が必要である。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.