タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   金融論Ⅰ  
担当教員   簗田 優  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   金2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Modern Finance Ⅰ   
授業の概要・ねらい 金融論および証券市場論の基礎的内容について学習する。講義形式を基本とし、必要に応じて PBL(Problem Based Learning)を取り入れることもある。 また、シラバスに沿った授業進行を心掛けるが、必要に応じて変更することもあり得る。  
授業計画 以下のように進めていくことを予定しているが、必要に応じて変更を加えることもある。
内容
1イントロダクション
2金融の基礎①(フローとストック)
3金融の基礎②(金利および利回りとは)
4金融の基礎③(決済システム)
5金融の基礎④(中央銀行とその役割)
6金融の基礎⑤(証券化、デリバティブ、グローバル化)
7金融政策①(日本の金融政策:80年代後半のバブル経済)
8金融政策②(日本の金融政策:80年代後半の金融政策)
9金融政策③(日本の金融政策:90年代の金融政策)
10金融政策④(日本の金融政策:90年代の金融政策)
11主要先進国の金融システム①(アメリカ)
12主要先進国の金融システム②(ユーロ・システム、イギリス、その他の主要諸国)
13金融市場の諸問題①(サブプライムローン問題の顕在化とリーマンショック)※PBL形式を予定
14現代金融の諸問題②(リーマンショック以降の金融危機とと欧州ソブリン危機)※PBL形式を予定
15まとめ
 
到達目標 ・金融に関する事象について、理論的にも歴史的にも深く理解できるようになること。
・金融機関への就職を希望する学生が、十分な知識を持って就職活動に臨め、内定を得、実際に知識的アドバンテージをもって業務に臨めるようになること。    
成績評価の方法 試験とレポートの成績により決定します。レポートは、英語文献を課題にする予定です。英語で金融に関する学術的資料が読めるレベルの英語力を期待します。    
教科書 なし。授業では資料を配布します。    
参考書・参考文献 簗田優『証券化と住宅金融―イギリスの経験―』(時潮社)  
池尾和人他『エコノミクス 入門 金融論』(ダイヤモンド社)  
履修上の注意 ・メッセージ 授業開始後の入室は原則認めていません。交通機関の遅れなど、やむを得ない事情がある場合は別です。    
履修する上で必要な事項 英語文献を資料として用いて授業を行うこともあります。十分な英語の読解力を期待します。  
受講を推奨する関連科目 金融、証券、ファイナンス系の科目は積極的に履修して下さい。    
授業時間外学修についての指示 授業での学習以外に、予習と復習の時間を十分にとって下さい。    
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.