タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   経済学史Ⅰ  
担当教員   阿部 秀二郎  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   月1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) History of Economics Ⅰ  
授業の概要・ねらい この授業は経済学の根本的な理解を支えるため、そして経済学の批判的な理解を深めるため、今後の経済学を考えるためのアカデミックな授業です。現在の経済学では当たり前のように考えられている理論や考え方は最初は当たり前ではありませんでした。そして経済学は変化します。したがって今後の経済学を考えるときには、過去の経済学で見捨てられてきた部分も見捨てられていない部分同様に学修する意味があります。  
授業計画
内容
1オリエンテーション
2重商主義
3重農主義
4スミス1
5スミス2
6リカードウ・マルサス1
7リカードウ・マルサス2
8リカードウ・マルサス3
9ミル1
10ミル2
11マルクス1
12マルクス2
13ジェヴォンズ・メンガー・ワルラス1
14ジェヴォンズ・メンガー・ワルラス2
15総括
 
到達目標 過去の経済学の基本的な考え方を把握できる。それらと現在との関係について考察できる。  
成績評価の方法 試験とレポートを考えています。割合については初回の授業で議論します。  
教科書 なし  
参考書・参考文献 井上義朗『コア・テキスト 経済学史』新生社
馬渡尚憲『経済学史』有斐閣
伊藤誠『経済学史』有斐閣  
履修上の注意 ・メッセージ 積極的に参加してください。  
履修する上で必要な事項 出席は必須です。やんごとなき欠席の場合には事前連絡が必要です。そして事前学習・事後学習の提出も必要です。  
受講を推奨する関連科目 ミクロ・マクロ・社会経済学・経済史などです  
授業時間外学修についての指示 事前学習と事後学習とを課します。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.