タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   経済思想史  
担当教員   阿部 秀二郎  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   月2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) History of Economic Thought  
授業の概要・ねらい 現代の経済学を支える考え方は、すべてが新しく生み出されたわけではありません(これについては議論があります)。特に昨今の「自由」をめぐる議論は、もう数百年も議論されてきている内容です。ただし変化や展開もあります。この経緯を丁寧に把握し、現代の足場を確認することは、恐らくいずれ役に立つと思います。なぜならば、経済先進国の経済活動は、この「自由」がもたらす活力をいかに利用することができたかに依存しているともいえます。一方で「自由」がもたらす負の側面も存在しています。これらの歴史的視点を把握しておかなければ、将来誤った方向へ向かう可能性があるからです。授業ではこの点を確認していきます。  
授業計画
内容
1オリエンテーション
2スミス
3リカードウ派演繹的社会主義的経済
4反グローバル経済
5科学的経済学
6定型的モデルの経済学1
7定型的モデルの経済学2
8変則的モデルと社会経済学
9歴史的視点から見た経済学
10ミクロとマクロとで不一致なモデルの経済学
11ケインズ革命
12不安定性経済の経済学
13時間分析の経済学
14予測可能性の不可能性
15全体の復習と試験
 
到達目標 「自由」について、二つの解釈があることを理解できる。いずれかの立場に立ち教条的に議論するのではなく、両方の立場を理解することができる。それらの考え方を現代の経済に関連させて議論することができる。  
成績評価の方法 レポートと試験を考えています。割合等は初回の授業で議論します。  
教科書 なし  
参考書・参考文献 間宮陽介『市場社会の経済学』中公新書 適宜指示します。  
履修上の注意 ・メッセージ 知的な面での積極的な参加を期待します。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 ミクロマクロ経済学、社会経済学、経済史などです  
授業時間外学修についての指示 事前学習と事後学習の課題を提示します。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.