タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国際経済学Ⅰ  
担当教員   岡部 美砂  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) International Economics Ⅰ  
授業の概要・ねらい 経済のグローバル化が一層進む現代では、経済問題の多くが国際間の取引を無視して考えることができなくなっています。国際経済学とは、モノやサービス、お金が国境を越えて移動・取引される場合の経済活動のメカニズムを分析し、そこで生じる様々な課題に対処するための経済学的な分析の方法を提供するものです。
本講義は、とくに国際経済学の基礎理論を学ぶことによって、現在の国際経済問題に対して、経済学的な視点から分析する基礎力をつけることを目的としています。
国際経済学は、国際貿易理論と国際金融理論から成り立ちます。本講義は、そのうち、国際貿易論の基礎理論と、貿易政策や国際的な企業活動(直接投資)など関連するトピックスを扱います。特に、古典派および新古典派の代表的な貿易理論を用いて、貿易の利益やパターンを説明する枠組みを学ぶことに重点をおきます。ミクロ経済学・マクロ経済学の応用である国際経済学の基礎的な理論モデルの習得に重点をおきつつ、適宜、実際の統計や事例を参照しながら、理論と現実のつながりを理解することを目指します。    
授業計画
内容
1国際経済学とは:国際経済を巡る最近のトピックス
2国際貿易理論の歴史
3貿易理論の準備:ミクロ経済学の復習
4古典派の貿易理論:リカードモデルI
5古典派の貿易理論:リカードモデルII
6新古典派の貿易理論:HOモデルI
7新古典派の貿易理論:HOモデルII
8新古典派の貿易理論:HOモデルIII
9貿易政策の経済効果分析I
10貿易政策の経済効果分析II
11産業内貿易の進展・不完全競争と貿易1
12産業内貿易の進展・不完全競争と貿易2
13新しい国際貿易理論
14海外直接投資の理論と現状
15東アジア地域の貿易・投資の構造、地域経済統合
 
到達目標 国際貿易理論の基礎的な理論モデルの仕組みを理解する。また、その理論モデルを応用して、現実に起こっている国際経済問題を考える力をつける。    
成績評価の方法 期末試験(80%)と、講義中に行う小テスト(20%)の合計点数で評価する。    
教科書 澤田康幸 『基礎コース 国際経済学』 新世社 2004年    
参考書・参考文献 自習の際に理解を促す参考書としての文献、論文等は、講義中に分野ごとに適宜紹介します。以下の参考書は、特に応用経済学を初めて学ぶ人は受講前に読んでおくことを勧めます。
浦田秀次郎『国際経済学入門 第2版』日経文庫,2009年
石川城太・椋寛・菊地徹 『国際経済学をつかむ 第2版』有斐閣,2013年  
履修上の注意 ・メッセージ 講義は段階的に進みますので毎回出席することが前提になっています。また、途中で理解できないところがあれば必ず質問に来て解決しておくようにしてください。    
履修する上で必要な事項 数学は簡単なもの(一次関数、指数・対数の計算、微分など)を用いますが、特に苦手な人は、高校数学や経済数学入門を復習しておくこと。    
受講を推奨する関連科目 国際貿易論は主に「ミクロ経済学」を用いますので事前に履修しておくこと。
   
授業時間外学修についての指示 講義中の問題や小テストを用いて復習をすること。数学は簡単なもの(一次関数、指数・対数の計算、微分など)を用いますが、特に苦手な人は、高校数学や経済数学入門を復習しておくこと。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.