タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国際通貨システム論  
担当教員   片桐 謙  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) International Monetary System  
授業の概要・ねらい 国際金本位制からブレトンウッズ体制を経て、今日までの国際通貨システムを学ぶ。  
授業計画
内容
1国際通貨制度のしくみ1
2国際通貨制度のしくみ2
3国際通貨制度のしくみ3
4国際通貨制度の変遷1
5国際通貨制度の変遷2
6国際通貨制度の変遷3
7国際通貨制度の変遷4
8国際通貨制度の変遷5
9ヨーロッパの通貨統合1
10ヨーロッパの通貨統合2
11ヨーロッパの通貨統合3
12国際通貨制度の課題と制度改革への道のり1
13国際通貨制度の課題と制度改革への道のり2
14アジア通貨圏の現状と将来1
15アジア通貨圏の現状と将来2
 
到達目標 過去から現代に至る国際通貨システムを理解し、現代の国際金融に関する新聞記事を理解できること。  
成績評価の方法 「持ち込み全て不可」の定期試験による。  
教科書 秦忠夫・本田敬吉・西村陽造著『国際金融のしくみ(第4版)』第8-12章  
参考書・参考文献 講義中にダウンロードすべき文献を教える。  
履修上の注意 ・メッセージ 「マネーの経済学」を履修し単位を取得していなければ、理解および単位取得は不可能である。  
履修する上で必要な事項 「マネーの経済学」を履修し単位を取得していなければ、理解および単位取得は不可能である。  
受講を推奨する関連科目 「マネーの経済学」  
授業時間外学修についての指示 講義に毎回出席し勉強するのは当然のこと、その他に予習と復習が必要である。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.