タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   日本経済史  
担当教員   長廣 利崇  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   木1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Modern Japanese Economic History  
授業の概要・ねらい 昨今の不況は日本経済に暗い影を落としているが、明治維新以後の日本は長期にわたる経済成長を経験した。この経験は経済成長のケースとして国際的に注目されている。本講義では、江戸時代から高度経済成長期までの日本経済の成長プロセスを概観する。  
授業計画
内容
1ガイダンス
2江戸時代前期の経済
3江戸時代後期の経済
4明治時代の経済(1)工業化政策
5明治時代の経済(2)在来産業の展開
6明治時代の経済(3)重化学工業の停滞
7戦間期の経済(1)第一次世界大戦と1920年代の経済政策
8戦間期の経済(2)中小企業の展開
9戦間期の経済(3)重化学工業の発展
10戦時統制期の経済(1)高橋財政から戦時統制経済への移行
11戦時統制期の経済(2)経済新体制
12戦後復興期の経済 
13高度経済成長(1)成長のメカニズム
14高度経済成長(2)成長のメカニズム
15総括と展望
 
到達目標 日本経済の成長の歴史を政府の政策、個別産業の事例等を用いながら解説できる能力を到達目標とする。  
成績評価の方法 小テスト30%、期末試験70%  
教科書 なし  
参考書・参考文献 授業中に説明する  
履修上の注意 ・メッセージ 予習と復習を必ず行うこと。  
履修する上で必要な事項 最低限度の高校での日本史の知識を必要とする。  
受講を推奨する関連科目 経済史総論  
授業時間外学修についての指示 事前に配布するレジュメを見て、不明な語句等を調べておくこと。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.