タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   社会政策(社会保障)  
担当教員   岡田 真理子  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Social Policy(Social Security)  
授業の概要・ねらい 本講義は社会政策のうち社会保障制度に関するものをとりあげ、歴史や制度の仕組み、近年の動向および政策課題などを総合的に理解することを目的とする。日本の社会政策のうち社会保障に関する分野は重要性が増しているにも関わらず深刻な政策課題を抱えている。社会保障制度は現代社会で生きていく際に誰もが必ず必要となる社会政策である。以上のような観点から、単に学ぶためというだけではなく、講義で提起される問題を自分に近いものとしてとらえ、考察していく姿勢で講義への参加を望みたい。  
授業計画
内容
1ガイダンス
2社会政策の理論と社会保障
3社会保障の概要と福祉国家の類型
4公的年金(1) -歴史と制度の仕組み
5公的年金(2) -近年の動向
6公的年金(3) -政策課題
7医療と介護(1) -歴史と制度の仕組み
8医療と介護(2) -近年の動向
9医療と介護(3) -政策課題
10社会福祉と生活保護(1) -歴史と制度の仕組み
11社会福祉と生活保護(2) -近年の動向
12社会福祉と生活保護(3) -政策課題
13現代日本における社会保障問題演習(1) -政策課題の検討
14現代日本における社会保障問題演習(2) -政策課題の分析
15現代日本における社会保障問題演習(3) -政策課題への対応策提示
 
到達目標 社会政策のうち社会保障に関わるものについて歴史や制度の仕組み、近年の動向を理解し、そのうえで政策課題について考察することができる。  
成績評価の方法 授業中に配布するワークシートへの回答と提出(4点×11回=44点)と、6回目・9回目・12回目に実施するミニテスト(10点×3回=30点)と、授業期間終盤に行う社会保障の政策課題に関する考察と対応策提示についてのグループワーク報告レポート(26点)によって評価する。(100点満点)  
教科書 特になし。授業中にレジュメと資料を配布する。  
参考書・参考文献 玉井金五・久本憲夫『社会政策Ⅱ 少子高齢化と社会政策』法律文化社 2008年
権丈善一『ちょっと気になる社会保障』勁草書房 2016年
玉井金五・大森真紀『三訂 社会政策を学ぶ人のために』世界思想社 2007年
佐口和郎・中川清『講座・福祉社会第2巻 福祉社会の歴史-伝統と変容-』ミネルヴァ書房 2005年  
履修上の注意 ・メッセージ  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 社会政策(雇用と労働)、社会保障論、労働経済論、社会保障法総論  
授業時間外学修についての指示 本講義の授業計画に沿って準備学習と復習を行うこと。さらに授業内容に関連する事項の調査・考察を含めて毎回の授業ごとに自主的な学習を求める。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.