タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   農業政策  
担当教員   大西 敏夫  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   金3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Agricultural Policy  
授業の概要・ねらい 国民経済の持続的発展と国民生活の安定にとって農業は重要な基幹産業である。しかし、国際分業論にもとづく輸入自由化体制のもとで、わが国の食料自給率は先進国のなかで最低の水準となっている。現在、地球環境問題の深刻化や世界的な食料需給事情の悪化のなかで、安全・安心で安定的に食料を供給するための農業・農村政策の展開が求められている。そこで、わが国の農業・農村政策の展開過程過程を講述するとともに、今後の政策展開のあり方について、国内事情とTPP(環太平洋経済連携協定)問題、さらには先進諸国の政策事例をふまえながら考察する。  
授業計画
内容
1農業の特性(独自性)
2資本主義の展開と農業・農村
3農業・農村の必要性と農業政策の役割
4農業政策の展開過程-戦前・戦後の農政展開-
5農業政策の展開過程-基本法農政・総合農政・地域農政-
6農業政策の展開過程-グローバル化と新「基本法」農政-
7農業政策をめぐる各論-担い手政策と価格・所得政策-
8農業政策をめぐる各論-農地制度と農地政策-
9農業政策をめぐる各論-都市・農村交流政策-
10地域農業と地域農政・自治体農政-和歌山県農業と県農政-
11地域農業と地域農政・自治体農政-都市農業と都市農政-
12中山間地域の農業と農村政策
13主要先進国の農政とその特徴(1)
14主要先進国の農政とその特徴(2)
15農業政策の課題と展望
 
到達目標 日本および世界の食料・農業・農村の現状や問題点・課題を踏まえ、農業政策の重要性と意義・役割、さらに展開方向について理解を深めるとともに、課題解決に向けた問題意識の醸成をめざす。  
成績評価の方法 定期試験、中間レポートおよび平常点によって総合的に成績評価を行う。  
教科書 使用しない。適宜プリントを配布する。その際、参考となる文献、資料、統計などを紹介する。  
参考書・参考文献 暉峻衆三編『日本農業150年』有斐閣ブックス(2003)、農業問題研究学会『現在の農業問題(全4巻)』筑波書房(2008)高橋信正編『「農」の付加価値を高める6次産業化の実践』筑波書房(2013)、石井啓雄『日本農業の再生と家族経営・農地制度』新日本出版社(2013)など。  
履修上の注意 ・メッセージ 必要に応じてビデオ等視聴覚教材を使用する。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 食料経済、地域政策、農業協同組合論  
授業時間外学修についての指示 準備学習と復習に相当な時間、さらに授業内容に関連する課題の把握・考察に相当な時間を確保するとともに、自主的に学習することが必要である。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.