タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   計量経済学入門  
担当教員   竹内 哲治  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記)  
授業の概要・ねらい 経済予測や経済データを用いた分析方法の紹介およびその読み方を習得することを目的とします。経済における理論やそれに基づく因果関係の分析を行います。授業では基礎レベルの統計学の復習からはじめ,計量経済学の入門レベルの理論へと入り,データを用いた簡単な実習を行います。クラスでは,Excelや簡単な統計ソフトを用います。  
授業計画
内容
1統計学・計量経済学とはどんな学問か
2統計学入門
3相関関係と因果関係
4回帰(最小2乗法,重相関)
5回帰分析のあてはまり
6回帰モデルによる分析と検定
7ダミー変数
8系列相関
9連立方程式モデル
10産業連関分析
11分散不均一性
12時系列分析
13単位根検定
14アドバンストトピック
15まとめ
 
到達目標 最小二乗法による回帰分析ができるようになる  
成績評価の方法 レポート・テスト・平常点(授業内での演習など)を対象として総合的に付けます。授業の際にアンケート等で決めます。  
教科書 白砂堤津耶「例題で学ぶ初歩からの計量経済学(第2版)」日本評論社  
参考書・参考文献 田中勝人「計量経済学」岩波書店
松浦克己・マッケンジー,コリン「EViewsによる計量経済学入門」東洋経済新報社  
履修上の注意 ・メッセージ 講義中の私語厳禁および携帯電話の使用禁止。  
履修する上で必要な事項 体系的な履修となっていますので欠席し独習するとなるとかなりの負担がかかることにご注意ください。やむを得ず,欠席した次回の授業までに研究室に質問に来て下さい。  
受講を推奨する関連科目 統計学の入門レベル(統計学入門または経済統計学I)の授業を履修していることが望ましい。ただし,初回と第2回は統計学の入門レベルの復習からはじめます。
なお,この後続レベルの授業は学部レベルでは用意されていません。必要な方は,申し出て頂ければ別個指導します。  
授業時間外学修についての指示 準備学習と復習,さらに授業内容に関連する課題に関する調査・考察に相当数の時間を割いて自主的に学習すること。この授業時間外学習の時間数も含めて単位制度が文部科学省により定められています(文部科学省省令大学設置基準第二十一条参照のこと)。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.