タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   経営史  
担当教員   長廣 利崇  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水4   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Business History  
授業の概要・ねらい 経営史は、経済史学の一分野であり、企業経営の歴史をみる学問分野です。この授業では主に日本の経営史を中心に検討します。まず、経営史の学問的発展過程をたどることにします。その上で日本の企業経営の特質をその歴史的発展過程から明らかにしようと思います。特に、日本の企業経営の原点であり経営上の基本的問題が網羅的に見られる江戸時代の企業経営の特質を追究します。その後、時代順に個別企業の経営を企業家の経営革新に焦点をあて、時代背景を踏まえて分析を進めます。  
授業計画
内容
1ガイダンス
2江戸時代の経営
3明治の企業家たち
4近代産業経営の成立
5財閥の多角化と組織
6重化学工業と新興財閥
7技術経営の誕生
8「日本的」人事管理とサラリーマンの誕生
9都市型ビジネスの成立
10経済民主化と企業変革
11大衆消費社会の到来と家電メーカーの発展
12企業集団とメインバンク制
13日本的生産システムの形成
14流通のイノベーション
15変貌する総合商社
 
到達目標 企業経営が持つ経営上のさまざまな問題に関心をもち、それを歴史的に把握すること。  
成績評価の方法 期末テスト70%、小テスト、もしくはレポート30%。  
教科書 宮本又郎他著『1からの経営史』硯学舎、2014年。  
参考書・参考文献 授業中に指示する  
履修上の注意 ・メッセージ 授業中に口頭で話したことをメモしてください  
履修する上で必要な事項 高校レベルの日本史・世界史の知識を前提とする。  
受講を推奨する関連科目 経済史総論、日本経済史、西洋経済史  
授業時間外学修についての指示 教科書を事前に読み、わからない概念を調べてください。また、疑問点を列挙して講義にのぞみ、さらに疑問がある場合は授業後に教員に質問してください。  
その他連絡事項 教科書を毎回授業に持参すること。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.