タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   商品企画論  
担当教員   柳 到亨  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   月1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Product Planning  
授業の概要・ねらい 商品企画はマーケティングにおける価値創造を実現する最も中核的な活動でもあります。しかしながら、現実において商品企画プロセスやその手法についてあまり意識的な活動が行われていないことや、明確化されていないことが多く見られる。したがって、この講座では商品企画プロセスを学び、マーケティングの理解を高めることを目指す。  
授業計画 この授業では、学生と教員の相互理解、コミュニケーションによって知識創造をはかりたい。最初の授業で班を編成します(初回の授業は必ず参加するようにしてください)。2回目以降の授業参加はお控えください。班によって授業計画に沿った教科書内容のプレゼンテーションを行う。その後、テーマに関するグループディスカッション、クラスデスカッションを行うことで、全体の商品企画プロセスの理解できるように促す。
内容
1ガイダンス
2商品企画プロセス
3インタビュー法
4観察法
5リード・ユーザ法
6アイデア創出
7コンセプト開発
8プロトタイピング
9市場規模の確認
10競合・技術の確認
11顧客ニーズの確認
12販促提案
13価格提案
14チャネル提案
15企画書作成
 
到達目標 以下の3つの点を到達目標とする。
第1に、商品企画プロセスをしっかり学び、マーケティングを理解できるようにする。
第2に、商品企画プロセスの実践的な進め方を理解できるようにする。
第3に、多様な市場調査の手法や理論を数多く理解できるようにする。  
成績評価の方法 グループプレゼンテーション30%、ディスカッション(グループおよびクラス)30%、期末テスト40%によって総合評価します。  
教科書 西川英彦・廣田章光編著『1からの商品企画』中央経済社。  
参考書・参考文献 石井淳蔵・廣田章光編著『1からのマーケティング』中央経済社。  
履修上の注意 ・メッセージ 本授業では自発的な学びを大事にしています。なお、理論的・実践的課題を自ら導き、積極的な質疑応答の姿勢を求めます。  
履修する上で必要な事項 以下の事項は重要です。
本科目を履修できる資格は、マーケティング論、マーケティング・リサーチを単位取得したものに限る。  
受講を推奨する関連科目 マーケティング論、流通システム論、マーケティングリサーチ、マーケティング戦略論、消費者心理学  
授業時間外学修についての指示 授業時間外に小グループで集まり、プレゼンテーション課題を自主的に準備してください。
 
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.