タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   イノベーション・マネジメント  
担当教員   高岡 伸行  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  3・4年次  
科目名(英語表記) Organization Management for Innovation-drive  
授業の概要・ねらい 組織的イノベーションの創発を促す,集団・組織・組織間関係のマネジメントに関する知見や理解を,
意思決定(とりわけ集団的意思決定)や組織学習の知見などを応用して,提示する。  
授業計画
内容
1イントロダクション
(講義の順番構成や内容は進行具合および受講者の理解度などに応じて適宜変更する場合がある)
2イノベーション現象とその知見
3個人と組織の意思決定
4予備日(講義の進行具合の調整もしくは視聴覚教材)
5意思決定とパーソナリティ
6組織における情報・知識共有コンテクストとしての組織文化の影響
7組織における情報・知識共有プロセスとして組織学習:一次学習の枠組み
8組織における情報・知識共有プロセスとして組織学習:二次学習の枠組み
9予備日(講義の進行具合の調整もしくは視聴覚教材)
10ナレッジマネジメント・ベースのイノベーション・マネジメント
11イノベーション・ドライブに向けたステイクホルダーの巻き込み;組織内ステークホルダー
12イノベーション・ドライブに向けたステイクホルダーの巻き込み;二次ステークホルダー
13集団浅慮のメカニズムとその回避
14試験(予定。15回目に変更の可能性あり)
15まとめ
 
到達目標 組織的イノベーション創発に関するマネジメントの知見の理解。  
成績評価の方法 期末試験の結果を基本に,講義中の提出物・レポートなどの内容を加減して総合して評価する。  
教科書 特に使用しなさい。ただし適宜知見の定着や課題遂行のために参考図書の提示・購入・学習を求める。  
参考書・参考文献 セクションごとに参考図書リストを提示する。  
履修上の注意 ・メッセージ  講義中に実施・提出してもらう課題を多く出す。提出=出席ではなく,提出物における講義内容の理解度や思考を評価対象とする。盗作・盗用のないよう,正しく詳細なレポートの書き方などを実施できること。。配付資料はライブキャンパスを通じて指定期間内に各自ダウンロードすること。掲示物および配布物の無断転用・複写・転写および講義の撮影・録音は禁止。  
履修する上で必要な事項 ビシネスデザイン・プログラムの科目です。同プログラムの履修体系に合致した基礎知識を習得していること。  
受講を推奨する関連科目 経営学,経営管理論,企業戦略論,マーケティング  
授業時間外学修についての指示 経済新聞などを通じて,経営・企業現象の現実の動向をフォローしておっくこと。  
その他連絡事項 履修上の注意を熟読すること。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.