タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   商業簿記Ⅳ  
担当教員   三光寺 由実子  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Accounting in Commercial ActivitiesⅣ  
授業の概要・ねらい 本講義では、「商業簿記III」を受講済みであることを前提に、日本商工会議所主催・簿記検定試験(商業簿記)の2級程度の商業簿記について主要なテーマを教授する。特に、「簿記検定試験出題区分表」の改定に伴う、日商簿記検定2級商業簿記の新項目である、外貨換算会計・連結会計等の会計処理の理解を目指す。  
授業計画
内容
1イントロダクション/引当金①(貸倒引当金・修繕引当金・退職給付引当金)
2引当金②(賞与引当金・売上割戻引当金・返品調整引当金)
3外貨換算会計①(前払金と前受金・輸出と輸入・買掛金と売掛金の決済)
4外貨換算会計②(決算時の換算・為替予約)
5帳簿の締め切り
6本支店会計①(本支店会計とは・本支店間の取引)
7本支店会計②(本支店合併財務諸表の作成)
8本支店会計③(帳簿の締め切り)
9中間テスト
10連結会計①(連結財務諸表とは・支配獲得日の連結)
11連結会計②(支配獲得日後1年目の連結・支配獲得日後2年目の連結)
12連結会計③(内部取引高と債権債務の相殺消去・期末貸倒引当金の修正・手形取引)
13連結会計④(未実現利益の消去)
14伝票と仕訳日計表
15定期試験対策
 
到達目標 日本商工会議所主催・簿記検定試験(商業簿記)の2級程度の簿記処理ができるようになることを目標とする。、商業簿記IIIより複雑な取引を処理できるようになること、また株式会社の基本的な財務諸表を理解できるようになることを目標としている。  
成績評価の方法 中間試験(40%)、最終試験(60%)によって評価する。なお、中間試験、期末試験ともに、電卓の使用は許可するが、教科書等の持ち込みは認めない。  
教科書 滝澤ななみ『スッキリわかる 日商2級 商業簿記(第9版)』TAC出版。    
参考書・参考文献 滝澤ななみ『スッキリわかる 日商2級 商業簿記(第9版)』TAC出版。    
履修上の注意 ・メッセージ ① 電卓(10桁以上)を、毎回必ず持ってくること。
②「商業簿記III」を十分に理解した上で、講義に臨むこと。
③ 簿記検定2級の出題範囲には工業簿記も含まれるため、2級合格を目指す学生は工業簿記も併せて学習すること。
④ 日商簿記検定の出題範囲が改訂され、2級にも新しい内容が含まれるようになった、2級の旧範囲を学習したことがある学生も、十分な学習を怠らないこと。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 商業簿記I、商業簿記II、商業簿記III、工業簿記  
授業時間外学修についての指示 簿記は、その原理を理解し、数多くの問題集を解かなければ身に付かない。授業後には必ず問題を解き、復習を怠らないこと。検定試験合格のためには、自主的に問題集を購入し、さらに多くの問題をこなすことが望ましい。  
その他連絡事項 特になし  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.