タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   原価計算論Ⅰ  
担当教員   岡橋 充明  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   金1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Cost Accounting Ⅰ  
授業の概要・ねらい 原価とは,一般的に経営における一定の給付に関わらせて把握された財貨または用役の消費を貨幣価値的に表現したものである.原価計算とは原価の発生を認識・分類・総合・分析・報告などを行う手続をいう。これら手続のうち,特に本講義では実際原価計算に関して必要となる知識を修得する.  
授業計画
内容
1オリエンテーション
2原価の本質
3単純総合原価計算
4組別総合原価計算(1) 基礎知識の修得
5組別総合原価計算(2) 練習問題
6等級別総合原価計算(1) 基礎知識の修得
7等級別総合原価計算(2) 練習問題
8工程別総合原価計算(1) 基礎知識の修得
9工程別総合原価計算(2) 累加法と非累加法
10工程別総合原価計算(3) 練習問題
11部門別原価計算(1) 基礎知識の修得
12部門別原価計算(2) 練習問題
13個別原価計算(1) 基礎知識の修得
14個別原価計算(2) 練習問題
15まとめ
 
到達目標 ・所与の情報を元に適切な原価計算を選択できること.
・正確に製品原価等を算定できること.
・算定した原価情報をもとに,財務諸表を作成できること.  
成績評価の方法 定期試験の結果で評価する.    
教科書 授業中に適宜指示するが,授業内容の骨子についてはMoodleに掲載するので,それを参考にすること.  
参考書・参考文献  
履修上の注意 ・メッセージ 商業簿記,会計学原理の会計科目を履修していないと,理解が困難である可能性が高い。履修しておくこと。また併せて工業簿記Ⅰを履修することが望ましい.  
履修する上で必要な事項 特になし  
受講を推奨する関連科目 商業簿記 会計学原理 工業簿記Ⅰ    
授業時間外学修についての指示 既述したMoodleに授業の骨子や予習・復習の課題を提示しているので必ず取り組んでおくこと.  
その他連絡事項 特になし  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.