タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   原価計算論Ⅱ  
担当教員   岡橋 充明  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   金1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Cost Accounting Ⅱ  
授業の概要・ねらい 原価とは,一般的に経営における一定の給付に関わらせて把握された財貨または用役の消費を貨幣価値的に表現したものである.原価計算とは原価の発生を認識・分類・総合・分析・報告などを行う手続をいう.本講義では,実際原価計算以外の原価計算-直接・標準・活動基準原価計算-の知識を修得するとともに,実際原価計算との相違を学ぶ.  
授業計画
内容
1オリエンテーション
2実際原価計算概要(1) 原価計算論Ⅰで修得した実際原価計算論の復習
3実際原価計算概要(2) 練習問題
4直接原価計算(1) 直接原価概念
5直接原価計算(2) 基礎知識の修得
6直接原価計算(2) 練習問題
7直接原価計算(3) 期間損益計算
8直接原価計算(4) 全部原価計算との比較
9標準原価計算(1) 標準原価概念
10標準原価計算(2) 基礎知識の修得
11標準原価計算(3) 練習問題
12標準原価計算(4) 標準原価差異の計算
13活動基準原価計算(ABC)(1) ABCとは何か
14活動基準原価計算(ABC)(2) 伝統的原価計算との比較(練習問題)
15まとめ
 
到達目標 ・実際・直接・標準原価計算のそれぞれの仕組みと相違を理解できること.
・求められる状況で各々の原価計算を適用して,適切な原価を算定すること.
・それらをもとに適切な状況判断が出来ること.  
成績評価の方法 定期試験の結果で評価する.  
教科書 授業中に適宜指示するが,授業内容の骨子についてはMoodleに掲載するので,それを見ること.  
参考書・参考文献 特になし.  
履修上の注意 ・メッセージ 原価計算論Ⅰの単位を取得していないとこの授業は履修できない.
また,商業簿記,会計学原理,工業簿記Ⅰの会計科目を履修していないと,理解が困難である可能性が高い。併せて工業簿記Ⅱを履修していることが望ましい.  
履修する上で必要な事項 原価計算論Ⅰの単位取得済みであること.単位を取得していないと履修ができない.  
受講を推奨する関連科目 商業簿記 会計学原理 工業簿記Ⅰ 工業簿記Ⅱ 原価計算論Ⅰ    
授業時間外学修についての指示 既述したMoodleに授業の骨子や予習・復習の課題を提示しているので必ず取り組んでおくこと.  
その他連絡事項 特になし。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.