タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   データベース  
担当教員   野間口 隆郎  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   水1   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Data-base for Business Management  
授業の概要・ねらい 企業活動においては、様々な情報を効率的に収集・整理・活用する必要があります。情報は企業の経営資産の一つであり、情報
を適切かつ効果的に管理する手段が「データベース」です。
本授業では、データベースの利用に際して知っていなければならない基礎知識や、データベースによる情報処理の方法などにつ
いて学習します。
データベースシステムの特性を理解する事は、データベースを新しく作成する場合、非常に重要です。また、データベースに関す
る体系的知識は、埋もれた情報から新しいビジネスルールを見出すデータマイニングに不可欠です。  
授業計画 下記の計画は学生の皆さんの理解度を確認しながら、状況に応じて適時修正します。
内容
11 ガイダンス
22 データベース
33 リレーショナルデータベース その1
44 リレーショナルデータベース その2
55 データベース設計 その1
66 データベース設計 その2
77 SQL その1
88 SQL その2
99 データベース技術とその用途 その1
1010 データベース技術とその用途 その2
1111 データベース操作演習 その1
1212 データベース操作演習 その2
1313 企業経営とデータベース
1414 データベースビジネス
1515 全体総括
 
到達目標 データベースを作成する際に役立つ知識を習得し、企業経営においてデータベースを活用できるようにすることが本授業の狙い
です。  
成績評価の方法 授業への参加態度、授業中に提出してもらう複数のレポート、および試験により成績を評価します。  
教科書 「技評SE選書シリーズ いちばんやさしいデータベースの本」五十嵐貴之著/ISBN 978-4-7741-4312-5  
参考書・参考文献 野間口 隆郎 (2013) 「変革マネジメントの理論と実践: プロジェクトリーダーシップの役割」白桃書房 ISBN-10: 4561266046  
履修上の注意 ・メッセージ 受講者数に制限があるため、1回目の授業で受講者を決定いたします。
多数の場合には抽選となります。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 皆さんがインターネットやスマートホン経由で日常利用しているWEBサービスはそのほとんどがデータベースの技術でなりたって
います。日常生活でもその仕組みを意識して利用するようにしてください。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.