タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   プログラミング  
担当教員   岩田 英朗  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   金4   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記)  
授業の概要・ねらい JavaScriptと呼ばれるプログラミング言語を使用して,初歩的なプログラミングを学びます。取り扱う問題の表現方法(モデル化,データ構造)や問題を解決する手順(アルゴリズム)を考え,実際にプログラムを作成し,その動作を確認することで,コンピュータによる情報処理についての理解を深めるのが本授業の目的です。
限られた基本構造の組み合わせで様々な処理が実現できることを体感してもらうとともに,日常生活においても「順序立ててものごとを考える」「場合に分けてものごとを考える」ことが重要・有用であることを理解し,それらを実践することで問題を合理的に解決する能力の習得を目指します。  
授業計画 システム情報学センターに設置されたコンピュータを利用して講義を進めますので,授業開始日までに同センターに設置された機材の利用方法を熟知しておいてください。
演習形式で授業を進めますが,事前配布する資料に基づいた授業前自習が必須です。
くれぐれも予習を怠らないようにしてください。
以下はあくまでも目安であり,状況に応じて変更することがあります。
内容
1ガイダンスとHTMLの基礎
2JavaScriptの基礎
3変数の取扱方法
4JavaScriptとHTMLによる入出力方法
5四則計算
6条件分岐
7課題によるプログラミング演習 その1 (主に条件分岐)
8繰り返し
9課題によるプログラミング演習 その2(主に繰り返し)
10条件分岐と繰り返しの混在による複雑な処理
11課題によるプログラミング演習 その3(条件分岐と繰り返しの混在)
12データ構造とアルゴリズム
13高度なプログラミング
14課題によるプログラミング演習 その4 (より実践的なログラミング演習)
15復習とまとめ
 
到達目標 変数,四則演算,処理の基本構造,配列などプログラミングの初歩的な事項について理解する必要があります。
基本的なアルゴリズムについて,処理の内容や進み具合を理解すると同時に,そのプログラムを作成できるようになることが求められます。
さらに,いくつかのアルゴリズムを組み合わせたり自らアルゴリズムを考案できる能力と併せ,プログラムを独力で作成できる能力の習得が望まれます。  
成績評価の方法 1. 授業に取り組む姿勢
2. 各種課題に対して提出されたレポート
3. 授業中に実施する小テスト
4. 定期試験の成績
によって,総合的に評価します。
1 から 3 はいずれもリンケージした項目であるため,1 から 3 でおおよそ40%,定期試験でおおよそ60%の配分を想定しています。
しかし,最終目標は『処理の内容を適切に理解し,適切な手順に従って独力でプログラムを作成する能力の習得』です。従って,本目標への到達度をもって最終的な成績評価とします。  
教科書 特に指定しません(授業中に教材を配布します)。  
参考書・参考文献 追って指示します。  
履修上の注意 ・メッセージ 演習を伴う授業形態となるため,授業時間内学習に対する積極性が当然,求められます。
また,最低限のコンピュータ操作を習得している方を対象とします。「情報基礎演習」を履修済みか,あるいは履修済みと同程度の知識を有している方が履修して下さい。
期間中、複数のレポート提出を求めます。提出期限を過ぎたレポートは理由の如何を問わず受け取りませんので、注意して下さい。
授業はシステム情報学センターで行いますが,一斉に使用できるコンピュータの台数に限りがありますので,受講者数は制限されます。受講希望者数が定数を超えた場合の選抜方法は第一回授業で提示しますので,履修を希望する人は第一回授業に必ず出席して下さい。  
履修する上で必要な事項 タイピング,ファイルの操作,ブラウザの操作,デスクトップに開いた複数ウインドウを切り替えての作業,ホームページからのデータのダウンロードなどの作業がスムーズにできるようにしておいてください。  
受講を推奨する関連科目 情報基礎演習,システムと情報  
授業時間外学修についての指示 大学設置基準においては,単位修得に際し,授業時間のおよそ2倍の自主的学修時間が必要であると定められています。
従って本授業においても,受講生に対しレポート作成やコンピュータ演習等の授業時間外学修を求めます。
これら自主的学修を怠った場合は,単位修得が不可能となることを十分に認識してください。  
その他連絡事項 特になし  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.