タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   租税法概論  
担当教員   片山 直子  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Introduction to Tax Laws  
授業の概要・ねらい 本講義では、租税法の基礎知識について体系的に学び、税法の解釈と適用についての理解を深める。
比較法的な観点から、英語の文献についても検討する。
概ね以下のテーマにそって、代表的な判例を分析する。進捗状況及び要望等により、若干の変更はありうる。  
授業計画
内容
1ガイダンス及びイントロダクション。本講義の目標、概要、成績評価方法等について説明する。
2税とくらし、税にかかわる仕事とキャリア形成
3租税の概要
4租税法の基本原則
5地方自治と地方税
6税法の解釈とその適用
7租税の賦課と徴収
8納税者の権利救済制度
9所得税(課税の単位)
10所得税(所得の種類)
11法人税の概要
12固定資産税の概要
13消費税の概要
14国際課税の概要
15知識の確認とまとめ
 
到達目標 租税法における重要論点の検討と判例分析をとおして、リーガルマインドを養成する。  
成績評価の方法 定期試験(論述式、資料等は持込み厳禁)により、厳格に評価する(判例分析を含む)。履修登録するかどうかは、熟慮して行うこと。  
教科書 八ッ尾順一『図解租税法ノート(9訂版)』(清文社、2016年)及び『租税判例百選(第6版)』(有斐閣、2016年)の二冊を必携教科書とする。  
参考書・参考文献 金子宏『租税法(最新版)』等、授業において指示する。  
履修上の注意 ・メッセージ 定期試験に合格するには、かなりの判例分析能力を要するので、十分な予習復習が不可欠である。  
履修する上で必要な事項 法学の入門的な知識を得ておくこと。  
受講を推奨する関連科目 他の法律科目及び租税法実務。  
授業時間外学修についての指示 授業は該当する資料等を丁寧に読んで予習をしているという前提で進める。また、十分な復習にも努めること。  
その他連絡事項 上記の必携教科書を初回の授業までに入手しておくこと。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.