タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   経営学総論Ⅰ  
担当教員   高岡 伸行  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   水4   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Management studiesⅠ  
授業の概要・ねらい 経営学の学問としての関心領域や各領域における課題や見方の特徴を俯瞰的に提示し,
経営学の学問としての基本的知識の解説と経営学の各領域の諸科目との橋渡しを目指す。  
授業計画
内容
1ガイダンス
(講義の順番構成や内容は進行具合および受講者の理解度などに応じて適宜変更する場合がある)
2イントロダクション
3社会経済システムにおける企業と経営の役割
4企業と会社
5企業と経営
6経営と会計
7予備日(講義の進捗具合の調整もしくは視聴覚教材活用日)
8経営と管理
9ヒトの管理:それに関する諸知見
10モノの管理:財とサービス
11予備日(講義の進捗具合の調整もしくは視聴覚教材活用日)
12カネの管理
13企業と社会
14まとめ(講義の進捗状況によっては14回目に試験を行う場合がある)
15試験(14回目に行う場合,15回目はまとめ)
 
到達目標 経営学の問題領域・関心の幅,それぞれの問題認識の特徴の理解と経営現象への興味喚起。  
成績評価の方法 試験の結果をベースに,講義中の質疑や提出物の評価を加点材料として,総合的に評価する。  
教科書 とくに使用しない。ただし経済新聞(とりわけ企業動向に関する欄)に目を通しておくこと。  
参考書・参考文献 東北大学経営学グループ編著『ケースに学ぶ経営学』,有斐閣,井原久光『テキスト経営学(第3版)』など  
履修上の注意 ・メッセージ 配付資料はライブキャンパスを通じて指定期間内に各自ダウンロードすること。掲示物および配布物の無断転用・複写・転写および講義の撮影・録音は禁止。  
履修する上で必要な事項 講義の進行具合によって14,15回目に試験を実施する場合があるので,連絡の確認と日程確保に注意すること。  
受講を推奨する関連科目 経営学,簿記・会計関係科目。  
授業時間外学修についての指示 経済新聞などを毎日読み,国内外の経営・企業現象のフォローをしておくこと。経済・経営情報のフォローを通じて,有名大企業だけではなく,国内外の中小企業やその事業内容,サービス,それらの価格など,経営・企業活動にまつわる現実・事実の情報を出来るだけ多く,収集しておくこと。  
その他連絡事項 履修行の注意,時間外学習の欄をよく読むこと。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.