タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   人的資源管理論Ⅱ  
担当教員   厨子 直之  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   金2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Human Resource Management Ⅱ  
授業の概要・ねらい  月給20万円と25万円の企業なら、25万円の企業に就職したい。将来は金融のプロフェッショナルとしてキャリアを歩んでいきたい・・・。
皆さんは、自分の働き方を述べたり、考えたりする際、自らの希望を優先させることが普通だと思います。しかし、企業側からすれば、自社にとって望ましい人材のみを採りたいはずです。
 この講義で学習する人的資源管理論は、ひとをなぜ・どのような仕組みで管理するかに関する理論を提供しています。要するに、働かせる側(管理者)の視点から働くひとの“働き方”を考えようとします。皆さんには、管理する側の立場にたって、そこから逆に自分の働き方について問い直して欲しいと思います。これまであまり働かせる側の立場から働き方を考えたことはなかったでしょうが、ハッピーな職業人生を築くためには、実はこの逆転の発想がポイントになることを理解してもらいます。
 
授業計画
内容
1イントロダクション
2居酒屋のDVDケースの分析
3職務設計
4グループワーク①:居酒屋のマニュアルをつくる
5プレゼン
6採用・配置
7グループワーク②:居酒屋の採用・配置基準シートをつくる
8プレゼン
9キャリア開発・人材育成・教育訓練
10グループワーク③:居酒屋の育成方法シートをつくる
11プレゼン
12評価・考課
13グループワーク④:居酒屋の評価基準シートをつくる
14プレゼン
15まとめ
 
到達目標 この講義では、以下の3点を目標にします。
①人的資源管理論に関する専門的知識の習得。
②人的資源管理論の理論を用いて、現実の組織現象を分析できるようになること。
③ロジカルなディスカッションとプレゼンができるようになること。  
成績評価の方法 定期試験もしくは期末レポート:40%
プレゼン資料:30%
プレゼン:30%  
教科書 初回の講義で提示します。  
参考書・参考文献 講義中に紹介します。  
履修上の注意 ・メッセージ ★履修にあたっての注意事項★
(1)この講義は、一方的に教員が話す形式ではありません。毎回発言が求められ、第8回以降の講義では、居酒屋の経営者の立場となって、実際に人的資源管理の仕組みを考案し、プレゼンしていただきます。
(2)グループワークで欠席が重なるとメンバーに迷惑がかかりますので、特段の事情が無い限り、3回以上の欠席は認めません。
※授業の進め方や内容については、第1回目の講義で説明しますので、ご関心のある方は必ず出席してください。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 組織行動論  
授業時間外学修についての指示  講義で学習した人的資源管理論に関する知識をもとに、アルバイト先や就職希望先の人事の仕組みに関心を持ち、有効な点と改善すべき点を分析するように心掛けること。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.