タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   会計学原理Ⅰ  
担当教員   齊藤 久美子  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  3・4年次  
科目名(英語表記) Accounting Theory Ⅰ  
授業の概要・ねらい 会計は世界共通のビジネスの言語である。簿記、財務会計、原価計算、管理会計などを学んだことを
前提として、会計をグローバルに考察する。会計学原理Ⅱとあわせて受講されたい。  
授業計画
内容
1イントロダクション
2現代の企業会計
3IFRSの衝撃1
4IFRSの衝撃2
5企業会計と社会
6企業会計と社会
7企業会計と社会
8企業会計と経済
9企業会計と経済
10企業会計と経済
11企業会計と行政
12企業会計と行政
13企業会計と経営
14企業会計と経営
15企業会計と経営
 
到達目標 幅広い視野に立って、企業会計の視点から経済経営を判断できるようになる。
企業会計について基礎ができていれば60点。応用的判断を行えるようになれば、80点。  
成績評価の方法 授業出席、レポート50点。
期末試験50点。  
教科書 使用しない  
参考書・参考文献 たとえば伊藤邦雄『新・現代会計入門(第2版)』日本経済新聞社、2016年。  
履修上の注意 ・メッセージ 会計学原理(4単位)を履修し、単位を取得したものは履修できない。後期の会計学原理Ⅱをあわせて履修すること。会計学全体の総合科目である。会計基礎論ではないので間違いのないようにすること。  
履修する上で必要な事項 繰り返しになるが、会計基礎論ではないので注意されたい。  
受講を推奨する関連科目 簿記、財務会計、原価計算、管理会計、商法、税法、その他経済経営法律科目。  
授業時間外学修についての指示 幅広い知識が必要になるため、授業の内容で興味を得たことはどんどんと自主研究してほしい。
 
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.