タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   日本的・リーン生産システム論  
担当教員   クパニ ルンビディ  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Japanese Lean Production System  
授業の概要・ねらい 日本的生産システムの基本的テーマは、市場の需要の変動に対し、生産面でいかにして(原価・品質・納期について)効率的に適応していくかということであり、本講義はこのテーマに対する説明を明らかにしょうとするのです。日本的生産方式の最大目的は、製造にかかるコストを極限まで低減させることです。原価圧縮の基本的方法としては、生産現場のムダを徹底的に排除していく方法しか存在しません。ムダのない(日本的)生産方式はリーン生産システムと呼ばれます  
授業計画
内容
1生産とは何か
生産と生産管理の違い
2生産要素と生産管理の目的
3生産工程の分析
4生産形態
5生産計画とは何か
6生産計画:長期計画の事例研究
7生産計画:中期期計画の事例研究
8生産計画:短期計画の事例研究
9日本的・リーン生産システムと従来生産システムとの比較、日本的生産システムの目標
10ジャストインタイム生産とかんばん方式
11生産指示かんばん、引き取りかんばん、外注かんばん
12生産の平準化、ジャストインタイム生産、製造リードタイム
13加工時間の短縮、小ロット、一個生産と運搬、多能工及び機会のレイアウト
14ラインの同期化、フルワークシステム、作業の標準化
15まとめ
 
到達目標 日本の製造企業は、どのようにしてよい品を、必要な時に必要量だけ効率的に安く作っていくのかを理解すること  
成績評価の方法 出席状況、小テストと定期試験によって総合的に判断する。  
教科書 特になし。必要に応じてプリントを配布する  
参考書・参考文献 小谷 重徳 『理論から手法まできちんとわかるトヨタ生産方式』、2008
竹内 俊夫 『実践トヨタモノづくり』、2008
門田 安弘『新トヨタシステム』講談社株式会社、1997
朝尾 正、森 健一、など 『生産管理』共立出版株式会社 2001、第7及び8章  
履修上の注意 ・メッセージ  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 日本的経営論、原価計算論、Project management  
授業時間外学修についての指示 資料等を事前に復習と予習する必要な時間は、授業1回につき最低2倍の自主的学修時間であること  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.