タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国際会計論入門  
担当教員   齊藤 久美子  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水5   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Introduction to International Accounting  
授業の概要・ねらい 会計は世界共通のビジネスの言語である。一定のルールに基づいて財務諸表は作成されている。
本講義では、経済のグローバル化に伴い、ビジネスが国際化していくことを鑑み、国際会計、なかでも英
文会計への入門を試みる。  
授業計画 次のように講義を行う。演習問題を通じて、理解を図る。
内容
1国際会計入門
2財務諸表1
3財務諸表2
4
財務諸表3
5財務分析1
6財務分析2
7複式簿記
8仕訳と転記1
9仕訳と転記2
10仕訳と転記3
11試算表
12修正仕訳1
13修正仕訳2
14精算表と財務諸表
15国際財務報告基準
 
到達目標 英文会計の基本的な概念が理解でき、英文で簡単な財務諸表を作成することができるようになる。
さらにまた、国際財務報告基準の意味について理解できる。
 
成績評価の方法 小テスト50パーセント、期末試験50パーセント。  
教科書 建宮努『ゼロからはじめる英文会計入門(第3版)』中央経済社、2015年。  
参考書・参考文献 建宮努『国際会計検定パーフェクト攻略問題集〈Subject 1〉』中央経済社、2010年。  
履修上の注意 ・メッセージ 英語辞書(電子辞書)を持参してほしい。  
履修する上で必要な事項 簿記の基本的な知識があるほうがよい。
英語だからと言って、おじけづく必要はない。
そんなに高度な英語は使用しない。  
受講を推奨する関連科目 簿記原理、簿記処理論、商業簿記Ⅰ、商業簿記Ⅱ、財務分析。国際会計論入門の講義後に会計学原理。  
授業時間外学修についての指示 毎回、予習復習を1時間ずつ、行うこと。
会計学は積み重ねの学問である。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.