タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   情報処理技術問題演習  
担当教員   野間口 隆郎  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Tutorial in Information Technology  
授業の概要・ねらい 情報処理技術者試験の中でも最も入門的な試験である「ITパスポート試験」(平成21年度より新設)への合格を主眼に置いて進める予定です。ITパスポートの名前の通り,コンピューターを使いこなすことは情報処理の専門技術者だけに求められるのではなく、あらゆる職業人にもとめられるようになりました。そこで本授業では、情報処理技術に関する問題演習を通して、独立行政法人・情報処理推進機構が実施する国家試験(情報処理技術者試験)受験に備え、必要な基礎知識の習得に努めます。
ITパスポート試験ではIT化された社会で働く全ての職業人に必要な基礎知識が問われるため、情報処理に関する基礎知識だけでなく、経営組織や会計学の基礎など、広範囲な知識が求められます。
そこで、情報処理と企業経営の関係も、講義と演習を交えて授業を進める予定です。  
授業計画 大きく以下の流れで問題演習を進めますが、状況により順番を入れ替えることがあります。
内容
1ガイダンス(授業の目的と資格試験)
2ITとコンピューター
3ハードウェア
4ソフトウェア
5表計算
6データベース
7ネットワーク
8セキュリティ
9業務システムとマネジメント その1(情報システムとプログラム)
10業務システムとマネジメント その2(システム導入とシステム開発)
11業務システムとマネジメント その3(ユーザインターフェイスとテスト)
12業務システムとマネジメント その4(システム運用・知的財産権)
13企業の業務
14ストラテジと経営管理
15全体総括
 
到達目標 在校中の「ITパスポート試験」合格を目標に、そのために必要な基礎知識の修得を目標としています。
本授業を中心に経営組織論や会計学の授業で習得した知識を活用し、できれば3年次終了までに合格できることが到達目標になります。  
成績評価の方法 出席と授業への参加態度および随時実施する小テストと期末試験により、成績を評価します。  
教科書 「やさしいITパスポート講座 2017年版」高橋麻奈 著/ソフトバンク クリエイティブ/ISBN: 4797375647
 
参考書・参考文献 授業中に随時紹介します。  
履修上の注意 ・メッセージ  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 授業で配布する問題を自習することでITパスポート試験対策になります。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.