タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   グローバルエコノミクス  
担当教員   高田 公  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Global Economics  
授業の概要・ねらい 近年の経済活動のグローバル化の急速な進展により、世界における国際貿易、海外投資、国際金融取引などの国際経済活動は大きく拡大し、また世界各国の間での相互依存は高まっている。本講義では、テキストをもとに、世界経済における貿易・投資、金融の動向の実態および問題について把握するとともに、実態を理解するための理論的説明、ならびに問題を解決するための政策について学習する。  
授業計画 (進捗状況等により授業計画を変更する場合がある。)
内容
1イントロダクション
2国際貿易・投資:なぜ貿易が行われるのか(1)
3国際貿易・投資:なぜ貿易が行われるのか(2)
4国際貿易・投資:なぜ政府は貿易に介入するのか
5国際貿易・投資:なぜ地域統合が行われるのか
6国際貿易・投資:なぜ海外投資が行われるのか(1)
7国際貿易・投資:なぜ海外投資が行われるのか(2)
8国際金融:どのように国際的に資金が流れるのか(1)
9国際金融:どのように国際的に資金が流れるのか(2)
10国際金融:為替レートはどのように決まるのか
11国際金融:どのように為替レートを安定させるのか(1)
12国際金融:どのように為替レートを安定させるのか(2)
13国際金融:どのようにして安定した国際通貨制度を構築するのか(1)
14国際金融:どのようにして安定した国際通貨制度を構築するのか(2)
15講義のまとめ
 
到達目標 国際経済に関する基礎的知識を習得できる。  
成績評価の方法 学期末の定期試験(筆記またはレポート)75 %、および平常点(小テスト等)25%により評価する。  
教科書 浦田秀次郎・小川英治・澤田康幸(著)『はじめて学ぶ国際経済』(有斐閣アルマ)
 
参考書・参考文献  
履修上の注意 ・メッセージ  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 開発経済学  
授業時間外学修についての指示 教科書の授業予定部分について、事前に2、3回読んで予習してくること。
また授業後に学んだ内容について整理し、復習すること。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.