タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   外国書講読〔英〕  
担当教員   厨子 直之  
対象学年     クラス   E2  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   木2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次  
科目名(英語表記) Reading in Foreign Literature (English)  
授業の概要・ねらい  この講義では、世界的に注目されている企業の戦略・組織・人に関する英語のケースを読んで、経営学に関する専門的知識の修得を目指します。  
授業計画
内容
1イントロダクション
2プレゼン資料作成①
3プレゼン資料作成②
4プレゼン資料相互チェック
5プレゼン資料完成
6Googleのケース①
7Googleのケース②
8Haagen-Dazsのケース①
9Haagen-Dazsのケース②
10L'OCCITANEのケース①
11L'OCCITANEのケース②
12Repettoのケース①
13Repettoのケース②
14Brevilleのケース①
15Brevilleのケース②
 
到達目標  この講義では、経営学に関する理論や概念を英語で理解できるようになることを目指します。  
成績評価の方法 プレゼン資料:50%
プレゼン:50%  
教科書 Magazine B

※テキストは,変更する可能性があります。  
参考書・参考文献 講義中に紹介します。  
履修上の注意 ・メッセージ (1)厨子ゼミナールを希望している方は積極的に受講してください。
(2)この講義は、一方的に教員が話す形式ではなく、受講生皆さんのプレゼン主導で進められます。
(3)グループワークで欠席が重なるとメンバーに迷惑がかかりますので、特段の事情が無い限り、3回以上の欠席は認めません。

※授業の進め方や内容については、第1回目の講義で説明しますので、ご関心のある方は必ず出席してください。  
履修する上で必要な事項  グループワークやプレゼンの上手・下手は問いませんが、積極的にグループワークやプレゼンに取り組んでいただくことが必要です。  
受講を推奨する関連科目 経営行動、人的資源管理論、経営学  
授業時間外学修についての指示  組織行動論や経営学の英語に慣れるために、Harvard Business Reviewのインターネット・サイト(https://hbr.org/)にアクセスして、興味のある記事を1週間に1記事は最低読むようにしてください。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.