タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   基礎演習Ⅱ  
担当教員   大西 敏夫  
対象学年     クラス   E7  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火5   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  1年次  
科目名(英語表記) Freshman Seminar Ⅱ  
授業の概要・ねらい 基礎演習Ⅰと同様に、15名ほどで授業を構成します。基礎演習Ⅰで学んだコミュニケーション能力の更なる彫琢を目指します。具体的には、グループワークを中心として、ピアラーニングを行う方法で、発表能力、書き能力を養成します。
最終的に2000字程度のレポートないしは書評を作成します。  
授業計画 授業の具体的な進行は、担当教員によって、順序の移動や内容の変更があります。
内容と方法(L:Lecture,PR:Presentation.,GW:Group Work)
内容
1講義の概要説明とロードマップ入力の説明:L
2プレゼンテーションの方法:口頭による発表と文章の違い,レジュメの作り方,スライドの作り方,時間配分,質疑応答,他の人の発表の聞き方:L,GW
3テキストの分析と議論(1):GW
4プレゼンテーションの実習(1):PR
5テキストの分析と議論(2):GW
6プレゼンテーションの実習(2):PR
7文章の書き方:パラグラフライティング,文章の表現と形式,全体の構成と段落の配置,実証のためのデータの処理・分析,図表の作成・注と参考文献:L,GW
8レポートへの講評、プログラム履修指導、まとめ:L
9 
10 
11 
12 
13 
14 
15 
 
到達目標  専門的な学習の入り口として、今日の政治・経済・社会問題を題材に関する、文献(新書)を読みこなすことができます。読んだ文献の内容を正確に表現することができます。そのためにグループワークを行い、他者と批判的に議論できます。問題に関する様々な見解を整理し、自らの意見を創造し発信することができます。  
成績評価の方法  上に挙げた目標への到達度と目標に到達するための姿勢を評価します。
 目標への到達度については、次のことを考慮します。
 会話でのコミュニケーション能力(発表能力・討議能力)は、グループワークでの議論やプレゼンテーションを考慮します。
 文章でのコミュニケーション能力(読み書き能力)は、授業での提出物(レポートを含む)を考慮します。
 自分の考え方を裏付けるための証拠の調査や利用の能力は、プレゼンテーション、質疑応答、または発表資料を考慮します。読み書き能力は、レポートまたは書評を中心に、授業での提出物を考慮します。
 成績評価における目標への到達度と目標に到達するための姿勢との配分については、前者が5-6割、後者が4-5割の範囲内で、各担当者が評価します。  
教科書 大江正章『地域に希望あり-まち・人・仕事を創る』岩波新書1547、岩波書店、2015年。  
参考書・参考文献 レポート作成については、以下の文献を参照してください。
小笠原喜康『新版 大学生のためのレポート・論文術』講談社現代新書、2009年
山口裕之『コピペと言われないレポートの書き方教室: 3つのステップ』 新曜社、2013年
学習技術研究会『知へのステップ 大学生からのスタディ・スキルズ(第4版)』くろしお出版、2015年  
履修上の注意 ・メッセージ  大学生としての学びの基本がこの授業に凝縮されています。きちんと内容を把握し、姿勢を身につけてください。まずは、毎回きちんと出席・参加するように心がけてください。やむを得ず遅刻・欠席する場合は、最低限のマナーとして、必ず前もって、担当教員に連絡を入れるようにして下さい。  
履修する上で必要な事項 なし  
受講を推奨する関連科目 キャリアデザイン入門Ⅱ  
授業時間外学修についての指示 予習・復習・レポート課題への対応等を要求します。適切に対応していない場合、授業での評価に影響を与えることになります。  
その他連絡事項 なし  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.