タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス - 発展演習
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   発展演習  
担当教員   妹尾 剛好  
対象学年     クラス   EU  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2年次  
科目名(英語表記) Sophomore Seminar  
授業の概要・ねらい 本授業科目は、1年次に履修した「基礎演習Ⅰ」、「基礎演習Ⅱ」で学修したコミュニケーション能力をより高めること、3年次に履修する「専門演習Ⅰ」、「専門演習Ⅱ」における専門的な学修を充実させることを目的とします。
担当教員の専門分野は「管理会計」です。会計は財務会計と管理会計の2つに大きく分けられます。財務会計は株主や銀行といった、組織「外部」の人々に役立つ情報を提供します。管理会計は社長から現場の従業員まで、組織「内部」の人々に役立つ情報を提供します。つまり、管理会計は企業をはじめ、あらゆる組織の経営に役立つものです。管理会計の仕組みや影響について学ぶことにより、将来どのような職業についても必要になる重要な知識を修得できます。
具体的な授業の進め方は、以下のとおりです。まず、担当教員が基礎知識を説明します。つぎに、その内容について、受講生がいくつかのグループに分かれ、プレゼンテーションとディスカッションを行います。ひとつのグループのプレゼンテーション回数は2回の予定です。最後に、授業内容について、2,000字程度のレポートを作成します。  
授業計画 第1回目 イントロダクション:授業の進め方、財務会計と管理会計の違い、経営分析の基礎知識
第2回目 経営分析の方法1(収益性の分析):ROAとROEの説明
第3回目 経営分析の実践1(収益性の分析):受講生によるプレゼンテーションとディスカッション
第4回目 経営分析の方法2(安全性の分析):貸借対照表に基づく古典的指標の説明
第5回目 経営分析の実践2(安全性の分析):受講生によるプレゼンテーションとディスカッション
第6回目 損益分岐分析の方法:理論の説明
第7回目 損益分岐分析の実践:受講生によるプレゼンテーションとディスカッション
第8回目 レポートへの講評とまとめ  
到達目標 受講生は次の3点を修得できます。第1に、企業の財務諸表を読み、経営状態を分析できるようになります。第2に、管理会計の基礎知識をマスターし、実際のビジネスで活用できるようになります。第3に、これらの知識をプレゼンテーションやレポートを通じて、他者に適切に伝えられるようになります。  
成績評価の方法 平常点80%、レポート20%で評価します。
平常点のベースは、グループでのプレゼンテーションの内容と授業への貢献度(ディスカッションにおける発言など)です。  
教科書 特に指定しません。下記の参考書を活用して復習してください。  
参考書・参考文献 園田智昭・横田絵理(2010)『原価・管理会計入門』中央経済社.
松村勝弘・松本敏史・篠田朝也・西山俊一(2015)『新訂版 財務諸表分析入門:Excel®でわかる企業力』ビーケイシー.  
履修上の注意 ・メッセージ この科目の単位を修得しなければ、専門演習に進むことができませんので、ご注意ください。
この授業はグループでのプレゼンテーションとディスカッションをはじめ、グループワークが中心となります。毎回、必ず出席することはもちろん、自分から他者に対し、積極的にコミュニケーションをとってください。教員と受講生全員で協力して、楽しくしっかりと学べる「場」をつくっていきましょう。  
履修する上で必要な事項 履修することができるプログラムは、以下の3つです。
企業分析・評価(C)、ビジネスデザイン(B)、企業会計・税法(A)  
受講を推奨する関連科目 商業簿記Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、工業簿記Ⅰ・Ⅱ、経営戦略論、マーケティング論など、会計・経営に関する科目の受講を強く推奨します。以上を含め、ご自身の履修するプログラムの履修プログラム必修科目と履修プログラム選択必修科目は、できる限り受講してください。  
授業時間外学修についての指示 ひとり2回を予定しているプレゼンテーションの前に、必ずグループのメンバー全員で集まり、資料作成と報告準備を行ってもらいます。  
その他連絡事項 定員を超過した場合、5月25日(木)2限から4限の時間帯のいずれかでお願いします。
 大変申し訳ありませんが、定員を超過した場合、
妹尾のe-mailアドレス(senoo81@eco.wakayama-u.ac.jp)宛に、2限、昼休み、3限、4限で出席が可能な時間帯を「すべて」、ご連絡いただけないでしょうか。
 全員からご連絡をいただけましたら、調整のうえ、私からみなさんのアドレスに面接の時間帯をお知らせします。
 ただ、授業がある時間帯に出席することは決してないよう、よろしくお願いいたします。
 なお、担当教員の翌年度の専門演習(ゼミナール)が定員を超過した場合、本演習の履修の有無を選抜の評価項目の一部とします。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.