タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス - 発展演習
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   発展演習  
担当教員   高岡 伸行  
対象学年     クラス   EV  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2年次  
科目名(英語表記) Sophomore Seminar  
授業の概要・ねらい  本授業科目は、1年次に履修した「基礎演習Ⅰ」、「基礎演習Ⅱ」で学修した調査・研究(コミュニケーションを含む)能力をより高めること、3年次に履修する「専門演習Ⅰ」、「専門演習Ⅱ」における専門的な学修を充実させることを目的とします。具体的には、3年次以降のゼミ研究,卒業研究(卒業論文作成)のための,調査・分析能力の知見獲得を主眼に,経営学的な知識に関する論理的思考力醸成の知とその実践を目指す。
 経営学研究には,企業の制度構成上の特徴と収益構造にかかわる会計的もしくはコスト構造に関する知識が必須であり,本発展演習では,担当者の専門演習および卒業研究テーマに関する分析能力育成を中心に,企業経営を論理的・批判的に捉えるスキルと知見の学習を促す。  
授業計画 第1回目 コスト概念の構成:原価・費用・支出
第2回目 製造・仕入原価と販売・一般管理費
第3回目 損益分岐点構成と分析:変動費と固定費
第4回目 限界利益と貢献利益
第5回目 キャッシュフロー
第6回目 直接費と間接費
第7回目 企業価値と利益
第8回目 試験  
到達目標  本専門演習および卒業研究に関連した課題発見および経営学研究の基礎となる知識(分析・照射能力)を提示し,それらを基に調査・発表を行ってもらい,本専門演習Ⅰ・Ⅱで必要とされる能力の基礎の修得をサポートする。  
成績評価の方法 試験を行い,それにより成績を判断する。  
教科書  適宜指示する。  
参考書・参考文献 佐藤裕一『ビジュアル経営分析の基本(第5版)』日本経済新聞社  
履修上の注意 ・メッセージ  本発展演習は,卒業研究までの一貫履修を想定し内容を構成している。企業の社会的責任(CSR)経営に関する卒業研究(卒業論文作成,とりわけCSRコストの把握とその管理に関するマネジメント)もしくは当該研究領域で大学院への進学を目指す学生を受け入れる。本演習は当該領域での大学院進学希望者を対象とするため,3年次,4年次の専門演習および卒業研究時の,就職活動等のセミナー参加,アルバイト,クラブ活動等による欠席には特段の配慮を行い得ない。また公務員や特定の資格試験希望者にもそぐわない。本発展演習は試験によって単位修得の合否判断を行うので,60点以下の場合は,発展演習の単位修得も専門演習への移行もかなわないこと注意すること。  
履修する上で必要な事項  履修することができるプログラムは以下である。
 ビジネスデザイン,企業会計・税法,企業分析・評価  
受講を推奨する関連科目  各自の履修するプログラムの履修プログラム必修科目と履修プログラム選択必修科目はできる限り受講すること。  
授業時間外学修についての指示  経済動向,企業現象に関する情報を各自フォローすること。
 読書家(マンガや小説を除く)の方,考えることが好きな方(妄想は除く)を希望します。
   
その他連絡事項  指定プログラム以外受け付けない。定員を超過した場合、口頭試問による面接を行う。
 下記科目のエントリーシートを作成し、2部持参すること。A4サイズ1枚両面まで、学生番号、氏名、連絡先を明記しておくこと。
募集人員以内であっても、つもり選考がない場合でも、本発展演習に応募する者は、上記シートを必ず作成し、5月25日正午まで研究室(経済学部本館棟3階326室)ポストに一部を提出すること。
選考日時・場所:5月25日(木)11時・研究室(経済学部本館棟3階326室)
<エントリーシート記載項目>
1.専門演習(3年次以降のゼミ)でどのような研究課題やテーマに取り組みたいと考えているか,
2.なぜ当該研究課題・テーマを設定・念頭に置いているのか,その意図や理由,
3.当該研究課題を遂行するために現段階までに準備していることと不足していること(当該研究課題に取り組むためにどのような知識が必要であると考えており,それらの内でどのような知識を既に習得しており,どのような知識が未習得で,なぜ未習得の知識が今後必要であると考えるのか,またどのようにして習得しようと計画しているのか),
4.当該研究課題・テーマに取り組むことに,またそれを完遂し得た際,どのような社会的意義があると考えているか,
 なお、担当教員の翌年度の専門演習(ゼミナール)が定員を超過した場合、本演習の履修の有無を選抜のマスト用件とする。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.