タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス - 発展演習
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   発展演習  
担当教員   Nabil Maghrebi  
対象学年     クラス   Eb  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2年次  
科目名(英語表記) Sophomore Seminar  
授業の概要・ねらい 本授業科目は、1年次に履修した「基礎演習I」、「基礎演習II」で修得した知識・技能をより高め、3年次に履修する「専門演習I」、「専門演習II」における専門的な学習を充実させることを目的とする.具体的に、小人数で、情報収集・調査・議論を行うことで、社会・経済的な知識に関する理論的思考力、批判的思考力をお互いに向上させるという目標である.
特に、コーポレート分析と評価とグローバル・ビジネス&エコノミーの各自のプログラムにおける専門的な学習のため、科学的・分析的なアプローチが必要である.経済状況・金融環境の変化を理解するため、これに関する簡単な記事・出来事・課題についてしっかり考える・グループ討論することによって、情報収集力・分析力・合理的論証・戦略的・批判的思考力を高める目的である.
 
授業計画 第1回目 紹介・基礎演習で学習した内容の振返り、本授業の説明
第2回目 経済主体の役割と経済状況・金融環境の変化
第3回目 情報収集・批判的思考・グループワークの重要性
第4回目 問題定義・情報収集・分析結果報告
第5回目 グループ報告と討論
第6回目 問題定義・情報収集・分析結果報告
第7回目 グループ報告と討論
第8回目 復習と評価  
到達目標 専門演習I・IIで必要とされる能力の基礎を修得することである.
・データ収集・情報内容について理解し、分析力を高めること.
・合理的論証・批判的思考力を向上すること.
・グループ活動への個人的貢献の重要性について理解すること.
・討論とコミュニケーション能力を高めること.  
成績評価の方法 授業への参加態度、特に、理論的思考・批判的思考・グループワーク・ディスカッションに基づいて総合評価すること.  
教科書 必要に応じて、課題の関連資料を配布すること.  
参考書・参考文献 適宜支持すること.  
履修上の注意 ・メッセージ 専門演習に進むために、本授業の単位を修得することが必要条件である.  
履修する上で必要な事項 履修することができるプログラムは以下である。
下記のプログラムを履修する学生は本授業を履修ことが可能である.
・企業分析・評価(Corporate Analysis and Evaluation)
・グローバル・ビジネス&エコノミー(Global Business & Economy)  
受講を推奨する関連科目 各自が履修プログラムの必修科目を必ず受講し、プログラムの選択必修科目をできる限り受講すること.  
授業時間外学修についての指示 課題に関する情報収集・分析とグループにおける報告・討論の準備のため、授業時間以外の学習が必要である.  
その他連絡事項 定員を超過した場合、単位習得状況(成績等)・受講している科目・面接(5月25日- 12:20~13:00-マグレビ研究室-済学部本館棟3階304室)によって、受験者を決定する.  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.