タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   行政救済法  
担当教員   三吉 修  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Administrative Relief Measures  
授業の概要・ねらい 行政救済法は、行政権に対する私人の権利のうち、基本権レベルの国家請求権ないし政務行為請求権を行政法レベルで具体化したものである。授業では、具体的事件の判例を取り上げながら、救済法理論を学んでいく。  
授業計画
内容
1行政救済法とは何か
2行政上の苦情処理
3不服申し立て
4行政訴訟の意義と歴史
5取消訴訟(1)処分性
6取消訴訟(2)原告適格
7取消訴訟(3)訴えの利益
8その他の抗告訴訟
9情報公開
10個人情報保護
11国家賠償請求権とは
12公権力の行使と賠償責任
13公の営造物の賠償責任
14損失補償請求権
15結果責任に基づく国家補償
 
到達目標 行政救済法の分野の基本的理解をめざす。  
成績評価の方法 学期末の定期試験により評価する。試験には、参照物の持ち込みを認めない。  
教科書 高田 敏『新版 行政法』 (有斐閣、2009年)  
参考書・参考文献 別冊ジュリスト『行政判例百選Ⅰ・Ⅱ』 第6版 (有斐閣、2012年)  
履修上の注意 ・メッセージ 受講の際には、必ず『六法』を持参して下さい。辞書なしの語学学習があり得ないのと同様に、『六法』なしの法学学習は不可能です。  
履修する上で必要な事項 授業前日までに、教科書の各回の該当部分をよく読んで勉強しておいて下さい。  
受講を推奨する関連科目 日本国憲法、人権保障システム法総論・各論、民法、行政法総論  
授業時間外学修についての指示 準備学習と復習に相当な時間、さらに授業内容に関連する課題についての調査・考察に相当な時間、自主的に学習することが必要である。行政法をよく理解するためには、特に予習が効果的です。予習に力を入れて下さい。  
その他連絡事項 毎日、新聞を読むようにしましょう。社会の出来事に関心を持ちましょう。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.