タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   マーケティング・リサーチ  
担当教員   山本 奈央  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限     単位区分    
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Marketing Research  
授業の概要・ねらい 本講義では、マーケティングリサーチの基礎を学びます。具体的には、①マーケティングリサーチの全体像の把握②仮説構築の方法③データの集計④基本的な分析方法の理解を目的とします。講義50%、グループワーク形式の演習50%で講義を進めます。  
授業計画 9月1日(金)2-5限 9月2日(土)1-4限 9月8日(金)2-5限 9月9日(土)1-3限
内容
1マーケティングリサーチとは何か 演習に向けたグループ分け(講義)
2統計分析の基本1 データ入力、単純集計、クロス集計(講義+演習)
3統計分析の基本2 平均値の差の検定、分散分析(講義+演習)
4統計分析の基本3 回帰分析(講義+演習)
5リサーチ課題の設定と仮説導出(講義)
6アンケート作成の方法(講義)
7リサーチ課題の設定と仮説導出(演習)
8アンケート作成の方法(演習)
9データ分析演習1 単純集計、クロス集計(演習)
10データ分析演習2 平均値の差の検定、分散分析(演習)
11データ分析演習3 回帰分析(演習)
12データ分析演習4 報告書のまとめ方(講義+演習)
13最終プレゼンテーション1
14最終プレゼンテーション2
15講義の振り返り、相互評価、教員からのフィードバック
 
到達目標 マーケティングリサーチとは何かを理解したうえで①仮説導出②アンケート作成③基本的な統計分析ができるようになることを目標とします。  
成績評価の方法 各日程(4日間)でのグループ演習への参加・貢献60%(教員評価+グループ内相互評価)最終プレゼンテーション20%(4日目講義内で報告)、最終レポート20%(グループで作成)12回以上出席しなかった場合は不可とします。全日程参加できるかを確認の上履修してください。
 
教科書 恩蔵直人、冨田健司 「1からのマーケティング分析」碩学舎 畠慎一郎・田中多恵子 「SPSS超入門――インストールからはじめるデータ分析」東京図書 2冊のテキストを使用しながら講義を進めますので、各自準備をしてください。  
参考書・参考文献 講義内で指示します。  
履修上の注意 ・メッセージ 12回以上+最終プレゼンに出席しなかった場合は不可とします。全日程参加できるかを確認の上履修してください。
 
履修する上で必要な事項 マーケティングに関する基礎知識は習得済の前提で講義を進めます。関連科目を履修するか、基礎的なテキストを一読したうえで講義に参加してください、またグループワーク(時間外含む)が必要となることを理解の上履修してください。  
受講を推奨する関連科目 マーケティング、マーケティング戦略、消費者心理等のマーケティング関連科目を履修していることが望ましいです。  
授業時間外学修についての指示 講義時間外にグループで集まってグループワークを行う必要があります。(日程は各グループに一任します)スケジュールに余裕をもって履修してください。  
その他連絡事項 PC教室利用の都合上、講義内容の順番が変更になることがあります。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.