タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   時事英語  
担当教員   藤永 真理子  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2年生    
科目名(英語表記) Current English    
授業の概要・ねらい 英字新聞、英文雑誌、ウェブニュースなどの最新あるいは重要な記事を読み、経済、政治、外交、社会問題などのジャンルの語彙や表現 、新聞やニュースなどの文のスタイルやルールを習得します。各授業の前半は、150語~200語程度の短い記事を1~2分以内で読み内容を把握する速読の 練習を行います。後半は長 い記事を詳しく読みます。個人やグループで選んだ記事について内容を報告してもらい、みんなでディスカッションをすることもあります。     
授業計画
内容
1授業の進め方などについてのガイダンス。英字新聞の記事の構成。
2英字新聞の見出し(Headline)と書き出し(Lead)。文構造。雑誌の英語。
3短い記事 (150字~200字) (1) (2) 長い記事 (1000字以上) (1)
4短い記事 (3) (4) 長い記事 (2)
5短い記事 (5) (6) 長い記事 (2)
6短い記事 (7) (8) 長い記事 (3)
7短い記事 (9) (10) 長い記事 (3)
8短い記事 (11) (12) 中間試験
9短い記事 (13) (14) 長い記事 (4)
10短い記事 (15) (16) 長い記事 (4)
11短い記事 (17) (18) 長い記事 (5)
12短い記事 (19) (20) 長い記事 (5)
13短い記事 (21) (22) 長い記事 (6)
14短い記事 (23) (24) 長い記事 (7)
15短い記事 (25) (26) 長い記事 (8)
 
到達目標 経済、政治、外交、社会問題などの分野で一般的に使われている英語の語彙を習得し、英字新聞等をできるだけ辞書を使わずに読んで、正確に内容を理解できるようになることを到達目標とします。    
成績評価の方法 中間試験 (40%)、期末試験 (40%)、授業への参加態度・小テスト・課題 (20%)  
教科書 英字新聞、英文雑誌、ウェブニュースの中から最新の記事、および、重要な記事を用意します。    
参考書・参考文献  
履修上の注意 ・メッセージ 毎回の出席と積極的な発表を心掛けてください。4回以上欠席をした場合は、成績評価の対象になりません。授業の性質上、受講人数を20名までとします。    
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 課題等を含めた準備学習と語彙の復習等を行ってください。  課題は授業中に説明します。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.