タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   租税法実務  
担当教員   近畿税理士会  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年次    
科目名(英語表記) Introduction to Tax Law Practice    
授業の概要・ねらい この授業は、経済学部と近畿税理士会との間で交わされた、連携・協力する覚書に基づいて開講されるものです。講師は近畿税理士会から派遣される税務の各分 野に精通した税理士の方々です。それぞれの税理士の方がご自身の専門分野についての授業を行います。税理士志望の学生だけでなく、起業したり、民間企業等 で働くことを目指す学生が、租税の実務への理解を深め、将来、社会に出たときの糧となる、より実践的な知識等を習得することを目的とします。    
授業計画 概ね以下のテーマに沿って、行います。
内容
1イントロダクション(川口税理士)
2所得税法の仕組みと課題(額田税理士)
3事業所得の仕組みと課題(島税理士)
4給与所得の仕組みと課題(小西税理士)
5譲渡所得の仕組みと課題(中枌税理士)
6法人税の仕組みと課題(西川明伸税理士)
7消費税法の仕組みと課題(島税理士)
8相続税法の仕組みと課題(中枌税理士)
9国際課税の現状と課題(橋本税理士)
10税務調査と査察の違い(石倉税理士)
11税理士の使命と役割(刀祢税理士)
12租税回避をどう考えるか(川口税理士)
13税務争訟と税理士の関わり(大西税理士)
14税制改正について(西川卓也税理士)
15まとめ(速水税理士)
 
到達目標 税務の実務への理解を深め、より実践的な知識等を習得することを目標とします。    
成績評価の方法 原則として授業の終わりに毎回簡単な小テストを行います。この小テスト及び授業への参加・出席状況等を総合評価します。    
教科書 講師が毎回準備するプリント等を用います。    
参考書・参考文献 講師が適宜、指示します。    
履修上の注意 ・メッセージ 出席管理システムを使用します。
税理士会から来られる講師の先生方に失礼のない履修態度を強く望みます。受講生が多数の場合、座席指定にする場合もあります。    
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 特にありません。    
授業時間外学修についての指示 該当するテーマに関する文献等を読んで、理解に努めてください。    
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.