タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   商業簿記Ⅲ  
担当教員   土田 俊也  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   金4   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Accounting in Commercial ActivitiesⅢ  
授業の概要・ねらい 本講義では、日商簿記検定試験・2級商業簿記の範囲のうち、株式会社会計と資産会計を中心に教授する。とくに、新しく2級商業簿記の範囲に含められたリース会計や圧縮記帳などは、丁寧に説明をしていきたい。なお、日商簿記検定3級レベルの知識を身につけていることを前提に講義を進める。    
授業計画
内容
13級範囲の復習、株式会社会計の基礎
2剰余金の配当と処分
3合併と無形固定資産
4法人税等と消費税
5商品売買(三分割法、売上原価対立法)
6手形と電子記録債権
7銀行勘定調整表
8固定資産(取得と減価償却-定率法、生産高比例法-)
9固定資産(除却、建設仮勘定、修繕)
10固定資産(滅失、国庫補助金による取得、圧縮記帳)
11リース取引
12研究開発費とソフトウェア
13有価証券(取得と売却、売買目的有価証券の期末評価)
14有価証券(満期保有目的債券、子会社・関連会社株式、その他有価証券の期末評価)
15決算手続と精算表
 
到達目標 日商簿記検定試験・2級商業簿記レベルの知識の修得を目標とする。具体的には、商品売買や固定資産についてより複雑な取引を処理できるようになること、また株式会社の基本的な財務諸表を理解できるようになることを目標としている。    
成績評価の方法 期末試験によって評価する。ただし、授業中に行う小テスト等を加味する場合がある。  なお、期末試験では、電卓の使用は許可するが、教科書等の持ち込みは認めない。    
教科書 滝澤ななみ『スッキリわかる日商簿記2級 商業簿記(第9版)』TAC出版。  
参考書・参考文献 滝澤ななみ(監修)『スッキリとける 日商簿記2級 過去+予想問題集 2017年度』TAC出版。  
履修上の注意 ・メッセージ ①電卓(10桁以上の電卓)を、毎回必ず持ってくること。
②簿記は継続的な学習が必要であるため、欠席が続くと挽回するのは極めて難しい。よって、毎回授業には出席すること。
③昨年度から日商簿記検定の出題範囲が改訂され、2級にも新しい内容が含まれるようになった。2級の旧範囲を学習したことがある学生も、十分な学習を怠らないこと。    
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 商業簿記Ⅰ、商業簿記Ⅱ、工業簿記  
授業時間外学修についての指示 簿記は、その原理を理解し、数多くの問題集を解かなければ身に付かない。授業後には必ず自分で問題を解き、復習を怠らないこと。また、検定試験合格のためには、自主的に問題集を購入し、さらに多くの問題をこなすことが望ましい。    
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.