タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   社会保障論  
担当教員   大城 亜水  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   火5   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次  2・3年生    
科目名(英語表記) Social Security    
授業の概要・ねらい 少子高齢化の渦中にある日本において、社会保障の重要性は極めて大きい。それは、わが国の国家予算に占める社会保障費の割合をみれば一目瞭然であろう。し かし、社会保障を構成する制度は非常に複雑であり、それゆえ抱えている問題も数多く存在する。そこで、本講義は現代日本における社会保障制度について、以 下の授業計画に従って制度の形成過程をたどり、現在直面している問題について整理する。そして、今後わが国がとるべき施策について、受講生自らが考える きっかけとなるような視点を提供したい。    
授業計画 ※基本はこの形で進めようと思いますが、授業の進行度合いや状況によって変更する可能性があります。
内容
1社会保障とは何か - その対象と範囲
2社会保障制度の形成過程(1)
3社会保障制度の形成過程(2)
4社会保障制度の形成過程(3)
5小括(1)
6少子高齢化と社会保障
7社会保障と社会保険(1)
8社会保障と社会保険(2)
9社会保障と社会保険(3)
10社会保障と社会保険(4)
11小括(2)
12社会保障と公的扶助
13社会保障と社会福祉(1)
14社会保障と社会福祉(2)
15まとめ
 
到達目標 本講義を通して、次の3点を到達目標とする。
(1)まず、わが国の社会保障制度について、これまでの歴史的経緯(制度の形成過程)を理解する。
(2)そして、(1)が現在どの地点まで来ているのか、また、何が問題になっているのか、その所在を確認する。
(3)最後に、今後わが国における社会保障がとるべき施策あるいは方向性について自分なりの考えをまとめる。    
成績評価の方法 主に学期末試験の得点を中心に評価しますが、その他、レポートもしくは小テストなど詳しくはガイダンスの時に説明します。    
教科書 特になし   
参考書・参考文献 玉井金五『共助の稜線-近現代日本社会政策論研究-』法律文化社、2012年。
玉井金五・大森真紀編『三訂 社会政策を学ぶ人のために』世界思想社、2007年。
玉井金五・久本憲男『少子高齢化と社会政策』法律文化社、2008年。
玉井金五・佐口和郎編『戦後社会政策論』明石書店、2011年。
その他、参考にしてほしい文献は随時、講義中に紹介します。    
履修上の注意 ・メッセージ 私語は厳禁です。また、授業で生じた疑問等はそのまま放置せず、授業後の質問時間あるいは図書館を利用することや、新聞記事から情報を集めるなど独自のリサーチを通して必ず消化するようにしてください。    
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 関連科目:社会政策(社会保障)、社会政策(雇用と労働)、社会保障法総論、社会保険関係法、雇用関係法    
授業時間外学修についての指示 毎回、講義の復習を行なってほしい。また、本講義で取り上げるトピックは限られているため、その箇所に関連する新聞記事などを見つけ、より問題の視野を広げてください。    
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.