タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   職業指導論  
担当教員   上野 和久  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   月1   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   標準履修年次    1年生  
科目名(英語表記) Vocational Guidance for Commercial Education  
授業の概要・ねらい 職業指導(進路指導)は、単なる進学指導や就職指導を意味するのではなく、生徒の生き方・働き方に関わる教育活動として捉えて講義する。また、今日の生徒の「学校から仕事への移行」は難しく、また「おとなへの移行」の難しさとも考えられる。これらの状況への対応が、職業指導(進路指導・キャリア教育)に求められていると考える。よって、この授業では、主として専門高校(特に商業高校)での職業指導(進路指導・キャリア教育)に取り組むにあたり、実際に活用できる能力、応用できる能力を培うことをめざし、職業指導(進路指導・キャリア教育)の基礎的な知識・技能が身につくように実践的な内容で進めていく。講義だけでなく、演習(体験型学習)を取り入れた授業を行う。  
授業計画
内容
1ガイダンス、高校生の進路状況の現場
2アメリカの職業指導(進路指導・キャリア教育)の歴史
3日本の職業指導(進路指導・キャリア教育)の歴史
4産業構造の変化と職業
5雇用と労働に関する法制度
6職業指導(進路指導・キャリア教育)の基礎理論
7職業指導(進路指導・キャリア教育)の基本的理念と性格
8進路指導・キャリア教育の諸活動
9職業資格について
10職業適性とアセスメント
11商業高校の職業教育と進路指導
12キャリア・カウンセリングの理論・技法(1)
13キャリア・カウンセリングの理論・技法(2)
14教員だから生かせるキャリア・カウンセリングの技法
15まとめと試験
 
到達目標 教職についたときに生徒の職業・進路指導に役立つことができる素養を身につける。  
成績評価の方法 評価に関しては、授業での発言、個人又はグループでの課題への取り組み状況、毎授業終了前のレポート出席の様子などを総合的に判断して行う。特に、授業中での積極的な発言と関わりを評価する。  
教科書 特に指定しない  (適宜、プリントを配付する)  
参考書・参考文献 ・「キャリア開発と職業指導」伊藤一雄・佐藤史人・堀内達夫編著法律文文化社
・「進路指導・キャリア教育の理論と実践」,吉田辰雄・篠翰,日本文化科学社  
履修上の注意 ・メッセージ 講義と共にペア-ワークやグループ討議、ロールプレイなどの演習を入れた体験学習スタイルの授業である。そのため、授業中に積極的な発言(コミュニケーション力)や他者との関わりが求められる。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 体験学習スタイルの授業であるので、知識の部分は事前の学習範囲の予告によって予習しておくこと。  
その他連絡事項 やむを得ず欠席した場合は、一両日中にメールにより受講の意思を連絡すること。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.