タイトル「2017年度 経済学部シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学部シラバス
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   プログラム・キャリア・デザイン  
担当教員   芦田 昌也,阿部 秀二郎,岡田 真理子,藤田 和史  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   木1,木2   単位区分    
授業形態     単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記)  
授業の概要・ねらい この授業は,受講生ひとりひとりが,次の点などを把握し,各自の学修目標とそれに向かう道筋をより明確に定められるようになることを目指します。
(a)「発展演習」の授業内容
(b)「専門演習I」「専門演習II」を経て「卒業研究」で取り扱われるテーマの方向性
(c) 各教員の研究内容
6つあるプログラムのそれぞれのカリキュラムは,いずれも典型的な「出口」を想定しており,複数の必修科目,選択必修科目,選択科目から構成されています。
これらの授業科目と「専門演習I」「専門演習II」「卒業研究」との組み合わせによって,ひとつのプログラムでも,その「出口」に到達する道筋は異なります。どの道筋を通って最終的な目的地である「出口」を目指すのか,この授業を利用してよく考えてください。  
授業計画 4月13日(木)1・2時限
4月20日(木)1・2時限
4月27日(木)1・2時限
5月11日(木)1・2時限  
到達目標 1:「発展演習」を担当する教員の研究等を把握できること
2:それを他人に伝えることが出来ること
3:自分の道筋の入口に立つこと  
成績評価の方法 到達目標の1と2については,全ての時限に提出する「教員の研究等確認」表の提出・内容
到達目標の3については,授業の最後に提出する「希望教員名と希望理由」の提出・内容  
教科書 なし  
参考書・参考文献 教員が適宜指示します  
履修上の注意 ・メッセージ 合理的な理由ではない遅刻・欠席は認めません。条件を満たさない場合には不合格とします。不合格になれば,「発展演習」の応募は不可能となります。その場合留年が確定となります。  
履修する上で必要な事項 なし  
受講を推奨する関連科目 「キャリア・デザイン入門Ⅰ」、「キャリア・デザイン入門Ⅱ」、希望プログラムの授業科目  
授業時間外学修についての指示 次の授業にスムーズに参加出来る様に,教員の研究等に関する情報・関連する教員に関する情報を収集しておくこと
授業終了後に,自らの道筋の可能性をより具体的にするために,さらに教員の研究等に関する情報・関連する教員に関する情報を収集しておくこと  
その他連絡事項 遅刻・欠席の理由がある場合には,「事前に」ご連絡ください。  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.