タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経営学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   情報処理論特殊問題  
担当教員   芦田 昌也  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限     単位区分    
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考   岸和田サテライト開講科目  
科目名(英語表記) Information Processing  
授業の概要・ねらい 現代の社会における様々な活動において,情報通信技術が活用されています.私たちはコンピュータを操作して,それらの活動の一端を担っています.この授業では,コンピュータの動作を決めるプログラムについて,「アルゴリズム」という観点から学びます.アルゴリズムを理解するために,基本的なデータ構造と初歩的なアルゴリズムを説明します.初歩的なアルゴリズムを使って,計算量についても触れます.最後に経路探索の初歩的なアルゴリズムと知識を利用した情報処理について簡単に紹介します.  
授業計画 月曜日 18:00~21:00  180分×8回(合計90分間の休憩含む)
10/23、10/30、11/6、11/13、11/27、12/4、12/11、12/25
内容
1アルゴリズムとは
2基本的なデータ構造
3初歩的なアルゴリズム(データの検索)
4初歩的なアルゴリズム(データの並べ替え)
5アルゴリズムの評価(計算量)
6様々なデータ構造
7経路探索のアルゴリズム
8知識を利用した情報処理
9 
10 
11 
12 
13 
14 
15 
 
到達目標 アルゴリズムを構成する基本的な構造を理解し,簡単なアルゴリズムであれば,その処理内容を理解できるようになることを目指します.自らの力でアルゴリズムを考えられるようになるとなおよいでしょう.  
成績評価の方法 授業中に行う演習問題などに取り組む姿勢や,その成果に基づいて評価します.  
教科書 必要に応じて指示します.参考資料を配付する予定です.  
参考書・参考文献 ジョン・マコーミック(著),長尾高弘(訳),”世界でもっとも強力な9のアルゴリズム",日経BP社,ISBN:978-4-8222-8493-0  
履修上の注意 ・メッセージ 積み上げ型の授業内容になります.  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 情報通信技術についてとりあげた新聞記事やテレビ番組なども学習教材になります.機会があればそれらにも触れてください.  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.