タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経営学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   情報ネットワーク特殊問題  
担当教員   佐藤 周  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限     単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考   南紀熊野サテライト開講科目  
科目名(英語表記) Information Network  
授業の概要・ねらい  経済産業省が地域創生のための政策立案を目指したRESAS(Regional Economy Society Analyzing System)を公開しているが、その活用を通して、地域課題のデータによる分析、政策立案、評価方法について学ぶ。教科書の輪読、パソコンの操作によるデータ検索、PowerPointを利用したプレゼン用資料の作成と発表及び討議などの実践を含む。可能ならば、地域を実際に踏査することにもチャレンジしたい。  
授業計画 10月 13日(金) 18:30~ 20:50
10月 14日(土) 10:00~ 16:00
10月 27日(金) 18:30~ 20:50
10月 28日(土) 10:00~ 16:00
11月 17日(金) 18:30~ 20:50
11月 18日(土) 10:00~ 16:00
内容
1「オリエンテーション」
授業計画の概要を説明し、RESASについて紹介する
2「地域経済分析に関わるテキストの輪読とまとめ」
「スモールマート革命」の輪読によって、地域経済分析のための視点をまとめる
3「田辺の地域課題についての議論」
田辺地域が抱える諸課題についてのグループ討論
4「田辺の地域課題解決のための議論」
前回の議論に基いた実地踏査や解決策のための議論
5「RESASを利用したデータ収集とプレゼンテーション資料の作成」
RESASの利用したデータの収集とプレゼンテーション資料の作成
6「プレゼンテーションとまとめ」
各グループごとに作成したプレゼンテーションを使った発表とそれに関する議論
7 
8 
9 
10 
11 
12 
13 
14 
15 
 
到達目標 地域課題解決のためのデータ収集・分析・評価についての基本を理解し、自らRESASや地方自治体が公表しているデータ等を活用するための基本的知識を修得する。  
成績評価の方法 特にペーパーテストなどは行わないが、作成された資料、発表、途中での議論などを総合的に判断して評価する。  
教科書 RESASの教科書(日経BP社 2016年)
スモールマート革命(マイケル・シューマン 明石書店 2013年)  
参考書・参考文献 ネット上のドキュメントなども折にふれて紹介する。  
履修上の注意 ・メッセージ 受講生は少ないかもしれませんので、教員も一緒になって活発に議論していきたいと思います。パソコンについての知識は特に必要ありませんが、できれば自分で基本的な操作ができ、自宅などでInternetを利用してRESASが使える環境があるとより理解は深まると思います。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 参加者は事前にスモールマート革命について読んでおいて貰いたい。その上で、教科書の内容について議論し、更に当該地域の課題解決についての議論を行う。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.