タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 市場環境学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   マーケティング特殊問題  
担当教員   柳 到亨  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   月1   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Marketing  
授業の概要・ねらい この授業の目標は、顧客満足度が高いサービスを提供する企業の仕組みを理解することである。サービス・イノベーションを学ぶ上で、映像による教材を通して、①最大の学習効率を得る、②見たくても見ることのできない最も進んだサービスのバックヤード、フロントヤードがどのようになっているのかを知る、③サービスを行う企業の経営者、担当マネージャー、接客の現場担当者のそれぞれから、インタビュー内容をを聞くことになる。
授業では、前回授業の全体議論(20分)、ビデオ教材の視聴(40分)、グループディスカッション(30分)で進める。  
授業計画 授業スケジュールは変更されることがあります。授業時に新たな指示がある場合は、そちらを優先してください。
内容
1ガイダンス、自己紹介
【商品開発・流通】タビオ社のサービス・イノベーション
学びのキーポイント:自動発注システムの理解
2【環境サービス・流通】The Case of Crai~食におけるサプラーチェーンと社会経済持続可能性へのアプローチ~
学びのキーポイント:ボランタリー・チェーンの仕組み
3【製品開発・流通】The Case of franc~国際間にまたがるサプライチェーン・マネジメント~
学びのキーポイント:需要予測による自動発注の仕組み
4【オペレーション】日本マクドナルドのサービス・イノベーション
学びのキーポイント:ピープル・ビジネスの仕組み
5【環境サービス】太陽光発電ビジネスの勃興
学びのキーポイント:ドイツのフィード・イン・タリフ制度
6【オペレーション】京都・五花街~サービス・プロフェッショナルを育成する仕組み~
学びのキーポイント:京都花街の経営システム
7【商業集積・産業集積】世界の雑貨卸市場~中国義烏市の興隆~
学びのキーポイント:商業ツーリズムの実態
8【店頭設計・顧客価値】IKEA社のサービス・イノベーション
学びのキーポイント:フラットパッケージのコンテナ輸送
9【サービスサイエンス・出店シミュレーション】リテール・イノベーション~GMAP Cunsulting社のケース~
学びのキーポイント:コンサルサービスの国際移転
10【オペレーション】リテール・ソリューション~ベイシア社と高千穂交易株式会社の協業
学びのキーポイント:IQレーンによるレジ待ち時間短縮
11【企業のグロバール戦略】コニカミノルタ社のサービス・イノベーション
学びのキーポイント:企業の環境活動
12【企業のマルチナショナル戦略】ダイキン・ヨーロッパ社のサービス・イノベーション
学びのキーポイント:企業の標準化戦略
13【産業クラスター】食品産業におけるサービス・イノベーション~オランダ・フードバレーのケース~
学びのキーポイント:オープン・イノベーション
14【技術移転・流通戦略】食品産業における流通イノベーション~カゴメ・松谷化学工業社のケース~
学びのキーポイント:BtoBtoCビジネス
15【マーチャンダイズ】カンペールのサービス・イノベーション~グローバル・ブランドのデザイン戦略~
学びのキーポイント:ファッション製品のブランド戦略
 
到達目標 サービス産業分野では、価値創造能力やそのための市場知識といった企業や社会全体の経験蓄積が十分ではなく、結果として、マネジメント能力を開発するような人材育成制度は構築されていない。この授業は、サービスの創造に関わるマネジャークラスの人材に対する高レベルのサービス創造能力(市場戦略・サービス技術戦略)を発揮すべき人材の市場知識・サービス創造能力の向上を目指す。  
成績評価の方法 グループプレゼンテーション(30点)、レポート(50点)、授業参加度(20点)によって総合評価します。  
教科書 特になし。  
参考書・参考文献 石井淳蔵・栗木契・嶋口充輝・余田拓郎『マーケティング入門』日本経済新聞社。
伊藤宗彦・高室裕史『1からのサービス経営』碩学舎。  
履修上の注意 ・メッセージ 受講生のより積極的な授業参加を通して、より深くサービス・イノベーションの理論的・実践的理解を深めていただきたい。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 マーケティング特論(観光学研究科)、経営行動特殊問題  
授業時間外学修についての指示 講義のなかで、参考文献を紹介するので、積極的な自習を期待する。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.