タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 専攻共通科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   英語文献研究  
担当教員   亀山 幸枝  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   月4   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Reading Academic Literature in English  
授業の概要・ねらい  英国の週刊誌 "The Economist" は、その内容の公正さ、分析の正確さと深さ、および英語の格調で定評のある経済専門週刊誌です。ここから、経済・政治・社会に関する最近の記事を読みます。
 授業は、輪読形式で進めていきます。交代で英語を音読してから日本語に訳してもらい、内容のほかに英語の表現にも注意を払いながら精読を行ないます。記事にもよりますが、長い記事の場合、3回程度の授業でひとつ読みます。記事を読んだあとは、要約を書いて提出してもらいます。  
授業計画
内容
1ガイダンス
担当者によるガイダンスの後図書館に移動し、"The Economist" (冊子版)から各自の関心に基づいていくつかの記事を選ぶ。
2各自が選んだ記事を持ち寄る。記事「その1」を輪読する 。
3記事「その1」を輪読する。今後とりあげる記事を選ぶ。
4記事「その2」を輪読する。
5記事「その2」を輪読する。
6記事「その3」を輪読する。 記事「その2」の要約を提出する。
7記事「その3」を輪読する。
8記事「その3」を輪読する。
9記事「その4」を輪読する。 記事「その3」の要約を提出する。
10記事「その4」を輪読する。
11記事「その4」を輪読する。
12記事「その5」を輪読する。 記事「その4」の要約を提出する。
13記事「その5」を輪読する。
14記事「その5」を輪読する。
15まとめ。 記事「その5」の要約を提出する。
 
到達目標 ・専門分野に関連した英語の新聞・雑誌の記事が読みこなせるようになること。
・経済・政治・社会に関するものを中心として、英語の語彙を増やすこと。  
成績評価の方法 授業への参加70%、レポート(要約)30%。  
教科書 プリントを使用します。  
参考書・参考文献 授業中に紹介します。
英和辞典は、収録語彙の範囲が広い『リーダーズ英和辞典』(研究社)が便利です。  
履修上の注意 ・メッセージ 授業中は、記事の内容に関連して、自由な発言を期待します。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 十分予習復習をして授業に臨んでください。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.