タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経済学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   環境政策特殊問題  
担当教員   足立 基浩  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火2   単位区分    
授業形態   演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Specific Issue of Environmental Policy  
授業の概要・ねらい この授業では主に環境政策に関する文献を読み、環境経済学の基礎を学びます。持続可能な自然エネルギーをキーワードに、一通りの環境経済学・政策論の基礎を学んだ後は,実践として環境評価手法の研究(CVM手法、ヘドニックアプローチ)、環境税等について学習を行う予定です。また、今後のエネルギーをめぐる討論なども予定しています。  
授業計画 本講義では、①様々な環境政策・環境評価に関する文献を輪読する、②具体的な環境問題について学生自身が発表し、結果の経済学的な意味と課題等について議論を行います。
内容
1環境政策概論 Ⅰ
2環境政策概論 Ⅱ
3環境政策の基本的理解 1
4環境政策の基本的理解 Ⅱ
5環境政策の基本的理解 Ⅲ
6バイオ燃料について
7自然エネルギーについて
8サステイナブル・日本的循環システム
9小規模・分散ネットワーク
10ライフラインとライフスポット
11環境の評価Ⅰ
12環境の評価Ⅱ
13まとめ Ⅰ
14まとめ Ⅱ
15まとめ Ⅲ
 
到達目標 環境政策全般の幅広い知識や考え方を学び、それを第3者に説明できるようにする。  
成績評価の方法 成績評価は授業での発表・授業態度などで行う予定です。  
教科書 「環境・自然エネルギー革命」日本経済評論社 中村大和  
参考書・参考文献 「地球環境がわかる」 技術評論社 西岡秀三他  
履修上の注意 ・メッセージ 積極的な授業での発言を望みます。  
履修する上で必要な事項 毎日新聞を読み、環境に関することをで特に関心がある内容については、切り抜きをしてください。  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 毎回十分な予習、復習の時間をとること。特に授業で学んだ新しい言葉については、その言葉を用いて簡単な文章が書けるようにすること。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.