タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経営学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   原価計算論特殊問題  
担当教員   岡橋 充明  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火3   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Costing  
授業の概要・ねらい 経営環境の変化に応じて,企業はその経営戦略を適応させる必要がある.この適応に伴って,経営管理のための様々なプロセスを変革していかなければならない.コスト・マネジメントも例外ではない.新しく構築されるコスト・マネジメントでは,適切な戦略実行だけでなく,戦略策定もサポートする役割を期待されている.本講義では,このようなコスト・マネジメントとその課題を研究する.
 
授業計画
内容
1オリエンテーション
2コスト・マネジメントとは何か
3現代経営を取り巻く環境とその影響
4原価計算システムの意義と限界
5標準原価計算の現代的意義
6活動基準原価計算(ABC)について
7戦略的コスト・マネジメント(1)-戦略的コスト・マネジメントと価値連鎖-
8戦略的コスト・マネジメント(2)-原価低減活動と戦略的コスト・マネジメント-
9品質原価計算
10ライフサイクルコスティング(LCC)
11原価企画(1)-原価企画とは何か-
12原価企画(2)-原価企画と従来の原価管理手法との違い-
13原価企画(3)-原価企画による原価の作り込み-
14バランスド・スコアカード(BSC)
15まとめ
 
到達目標 ・経営戦略や事業戦略に関する内容が把握できること.
・経営戦略や事業戦略に必要な会計情報、就中,原価情報を提供する会計システムの内容を把握できること.
・経営戦略や事業戦略を促進するために必要となる会計情報・原価情報とはどの様なものかを把握できること.  
成績評価の方法 5回程度のレポートと授業における報告・発言などから総合的に評価する.  
教科書 適宜指示するが、外国語文献(英語)も必ず含まれる.  
参考書・参考文献 特になし.  
履修上の注意 ・メッセージ 自主的・積極的な課題への取り組みが不可欠.外国語文献(英語)を用いるので,英語文献にも慣れておくこと.  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 管理会計論特殊問題  
授業時間外学修についての指示 受講生各自に課題を与えて,それに関して報告を行ってもらう.そのための準備を予めしておくこと.  
その他連絡事項 特になし.  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.