タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経済学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   ファイナンス特殊問題  
担当教員   Nabil Maghrebi  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   火4   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Finance  
授業の概要・ねらい 現代ファイナンス理論は経済学での新しい分野であり、投資理論や企業財務論に大別される.これらの問題は環境としての金融システムや証券市場の諸問題にも関連している.激変する投資環境の中で、金融機関や企業及び個人投資家の意思決定、もしくは金融システムと証券市場の経済的役割を考え、深く理解することが重要である.本講義の目的は、ファイナンス論を易しく解説することにある.特に、ファイナンス理論の数学的な面だけではなく、その理論の経済的な意味を考えることに重点を置いている.ファイナンス理論に基づいて、リスクシェーリング及び国際金融市場におけるリスク・リターンの実証関係を理解するため、Thomson Reuters Datastream金融・経済データを用いて実証分析することにも焦点を合わせる.  
授業計画
内容
1授業のガイダンス

Introduction
2証券市場

Securities Markets
3ポートフォリオ選択の理論

Portfolio Selection Theory
4資本資産価格形成モデル

Capital Asset Pricing Model
5裁定価格決定理論

Arbitrage Pricing Theory
6市場効率性

Market Efficiency Tests
7金融市場ボラティリティ

Financial Market Volatility
8金融危機

Financial Crises
9リスク・ヘッジング方法

Risk-Hedging Methods
10オプション価格理論

Options Pricing Theory
11派生証券取引と証券市場規制

Derivatives Trading and Market Regulation
12企業財務

Corporate Finance
13コーポレート・ガバナンス

Corporate Governance
14行動ファイナンス

Behavioral Finance
15まとめ

Review
 
到達目標 A. 現代ファイナンス理論の理解すること.
B. 分散力・批判的思考力を高めること.
The main objectives are two-fold. First, this course aims to achieve a better level of understanding of the theory of modern finance. Second, students are expected to develop their analytical capabilities and critical thinking.  
成績評価の方法 報告・レポート・出席と討論の状況によって評価する.議論への参加とディスカッションを重視する.  
教科書 教科書は特に指定しない. 研究論文に基づき、学習する.  
参考書・参考文献 仁科一彦 「現代ファイナンス理論入門」 中央経済社 第2版 2004
Neoclassical Finance, Stephen A. Ross, Princeton University Press, 2005
コーポレートファイナンスの原理 Stephen Ross, Randolph Westerfield, & Jeffrey Jaffe, 大野 薫 (翻訳) 金融財政事情研究会 2007  
履修上の注意 ・メッセージ Please note that this course may be conducted in Japanese and/or English language depending on the background and composition of students groups.  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 There are no pre-requisites for registration, but a strong background in finance, macroeconomics, and statistics, econometrics is of course useful.  
授業時間外学修についての指示 There are problem sets that students are required to discuss with critical thinking in order to deepen their understanding of special topics introduced in these lectures.  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.