タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 経済学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   農業経済学特殊問題  
担当教員   大西 敏夫  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   後期  
曜日・時限   水2   単位区分    
授業形態   講義・演習   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Agricultural Economics  
授業の概要・ねらい 農業分野における生産、流通、消費の構造およびその運動法則に関する経済学的分析を基礎として、農業生産の発展、農産物流通・市場の合理化、安全・安心・安定的な食料の供給と消費の質的向上などを促進するための政策理論を発展させることが求められている。国民経済における農業の重要性を踏まえ、国際化と食料・農業をめぐる諸問題、日本農業・地域農業の構造分析とその政策課題、安定的な農産物の生産・流通・消費のための政策展開、地域農業と農村の再生と活性化方策などについて講述する。さらに、適宜、演習方式を用いることにより理解力・応用力を養う。  
授業計画
内容
1農業経済学の系譜
2現代の食料・農業・農村問題(1)
3現代の食料・農業・農村問題(2)
4現代の食料・農業・農村問題(3)
5農業の担い手(1)
6農業の担い手(2)
7農地問題と農地政策(1)
8農地問題と農地政策(2)
9農産物の生産・流通・消費をめぐる諸問題(1)
10農産物の生産・流通・消費をめぐる諸問題(2)
11都市と農村の交流・協働(1)
12都市と農村の交流・協働(2)
13地域農業と農村の再生・活性化(1)
14地域農業と農村の再生・活性化(2)
15総括
 
到達目標 農業経済学領域について学問的知識を深めるとともに、重点課題および問題関心に即した文献・研究資料等の紹介・討論を通じてプレゼン能力と研究論文作成に向けた理解力・応用力・表現力を養うことができる。  
成績評価の方法 講義時間内プレゼンテーションおよび討論への参加状況ならびにレポート等により総合的に成績評価を行う。  
教科書 適宜文献・研究資料等の関連資料を配付する。また、必要に応じてテキストを使用する。  
参考書・参考文献 橋本卓爾・大西敏夫・藤田武弘・内藤重之『食と農の経済学第2版』ミネルヴァ書房(2006)。橋本卓爾・山田良治・藤田武弘・大西敏夫編著『都市と農村』日本経済評論社(2011)。田代洋一『農業・食料問題入門』大月書店(2012)など。  
履修上の注意 ・メッセージ 授業は主に演習方式(重点課題・問題関心に即した文献・研究資料等の紹介・報告・討論)により行う。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目  
授業時間外学修についての指示 準備学習と復習に相当の時間、さらに授業内容に関連する課題など相当な時間、自主的な学習に努力してほしい。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.