タイトル「2017年度 経済学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 経済学研究科シラバス - 市場環境学専攻科目群
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   社会保障法特殊問題  
担当教員   金川 めぐみ  
対象学年     クラス   E1  
講義室     開講学期   前期  
曜日・時限   水2   単位区分    
授業形態   講義   単位数  
準備事項    
備考    
科目名(英語表記) Social Welfare Law  
授業の概要・ねらい  本格的な少子高齢社会の到来・経済のグローバル化・家族形態の多様化などを背景として、日本の社会福祉制度はいま大きな転換期にさしかかっています。特に生活保護と介護保険においては、この数年で相次ぐ法改正が行われ、そのあり方が問われようとしています。そのような社会保障・福祉の制度について、法的側面からその原理を考察・検討していきます。  
授業計画  社会保障法における自立支援に関する文献を全員で討論・議論します。本年度は1冊の文献を丁寧に輪読することを考えています。初回に担当章の割り当てを行いたいと思います。
 第2回以降は、毎時間1人は報告者となり、指定した文献の担当箇所を読んだ上でレジュメを作成してもらいます。報告者の報告を中心に、それに基づく質疑応答および検討を行い、当該問題に関する理解を深めます。
 いまのところ、1回の講義につき1章を割り当てていますが、受講生の様子をみながらスピードアップしていく可能性もありますので、ご了承ください。
内容
1ガイダンス
2第1部第1章 資産・能力活用と生活保護
3第1部第2章 生活保護法と自立
4第1部第3章 就労自立支援プログラムの導入と雇用政策との融合
5第1部第4章 地方文献と所得保障
6第1部第5章 最低所得保障給付と雇用促進政策
7第1部第6章 生活保護法2013年改正と生活困窮者自立支援法の制定
8第2部第1章 保健・医療・福祉の連携と地方自治
9第2部第2章 介護保険法における新予防給付と地域支援事業
10第2部第3章 介護保険法2011年改正の評価と今後の課題
11第2部第4章 介護保険法2011年改正と報酬体系の改定
12第2部第5章 介護保険制度改革における2014年改正の意味
13修士論文の構想報告①:情報収集
14修士論文の構想報告② :助言・指導
15授業のまとめ
 
到達目標  講義で紹介される内容の基礎的な部分を把握し、自らで論理的にその内容を説明しコメントを加えることができるのが、合格への最低ラインです。  
成績評価の方法 毎時間の質疑応答(30点)、作成レジュメ(20点)、提出レポート(50点)。
全出席が原則です。  
教科書 石橋敏郎『社会保障法における自立支援と地方分権 生活保護と介護保険におけう制度変容の検証』法律文化社、2016年。
 
参考書・参考文献 講義中に随時紹介します。  
履修上の注意 ・メッセージ 社会福祉関係の新聞記事や放送につねに関心を持つようにしてください。講義への積極的な参加を望みます。  
履修する上で必要な事項  
受講を推奨する関連科目 わたくしの担当する関連授業科目として、社会福祉法特殊問題があります。
なお他の関連科目としては、憲法特殊問題、比較憲法特殊問題、行政法特殊問題、民事責任法特殊問題、民事特殊問題、労働経済論特殊問題、社会保障論特殊問題、社会政策特殊問題があります。  
授業時間外学修についての指示 単位認定のためには、予習・復習を合わせて授業時間の倍程度の自主的な学修を行うことが必要です。  
その他連絡事項  
Copyright (c) 2008 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.